ふるさと納税について、よく「実質2千円の負担で〇円相当の特産品をゲット」という言い方を目にします。この「実質2千円」というのは、寄附金控除の適用下限額のことです。ん?適用下限額って何?……初めてこの言葉をみた時、私はなんのことだかよくわかりませんでした。

調べてみると、「ふるさと納税で2千円以上の寄附をした場合に、2千円を超える部分について寄附金の控除を受けることができますよ(=定められた手続きをすれば、後でお返ししますよ)」ということなのだとわかりました。なるほど、だから「実質2千円」というわけですね。

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました