スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


確定申告と還付申告 ~申告方法がさらに簡単に~

PAK86_kakuteishinkokusuru20140312500_20150405233205e38.jpg


そろそろ確定申告の準備をする季節となりましたね。中には、「税務署が混む前にもう済ませたよ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。え?確定申告って2月16日からじゃないの?……いえいえ、「還付申告」なら1年中いつでも申告できるので、昨年分(2014年1月1日~12月31日)に行ったふるさと納税を申告するなら、今年(2015年)の1月から手続きはできちゃうですよ。

スポンサーサイト


実は私は今までに3回ほど確定申告をしたことがあります。結婚前に営業をしていた2年分と、長男を出産した時に3カ月入院して高額の医療費がかかった年の分です。

当時は、「とにかく確定申告するように」と周りから言われ、私自身はわけもわからないまま会社からもらった確定申告の用紙にそれらしき数字を記入して(たしか初めての時は、下書きを持って)、「これで大丈夫でしょうか?」と、おそるおそる税務署へ行くという、なんとも可愛い(←今の私には死語)確定申告をしたものです。

思いっきり文系で、電卓を使っても計算を間違えるという(そもそもの計算式が合っていなかったりする)、とにかく数字に弱い私なのでかなり不安いっぱいだったのですが、税務署の方はとてもやさしく「ここには、〇〇を書けばいいですよ」と、手取り足取り親切に教えてくださって、えらく感動した記憶があります。

おかげで確定申告も無事に済ませ、若干だけれど納め過ぎていた税金が還ってきたときの嬉しかったこと!!

手取り足取り教えてもらった私がいうのもあまり説得力はないかもしれませんが、書式にそって必要な数字を記入していけばいいので、ルールさえわかれば意外に簡単です。しかも、一度やれば要領が分かってくるので、二度目、三度目はもっと簡単にできるようになります。(現に、三度目の時は私でもほぼ迷うことなく記入できました。)

しかも、パソコンを使えば今の確定申告はもっと簡単にできるようになっているとのこと。ふるさと納税をした人のうち、きちんと確定申告をしている人はなんと3割程度とのこと。確定申告をしなければ税金の控除は一切受けられず(=1円も還ってこない)、お礼の特産品分をさしひいたとしてもかなりの高額寄附になってしまうので、今年はビシッと確定申告しちゃいましょう!

私も記憶があいまいな部分があったので、おさらいしたことの記録を兼ねて少しずつ記事としてまとめていきますね。


14 09 10_8492
今日もぐっすり。。。


1.確定申告とは

個人事業主や不動産収入のある人、給料が2千万円以上のサラリーマン、給与以外(副業など)の所得が20万円以上ある人などが所得税を確定するために2月15日から3月15日の間に行う申告を、「確定申告」といいます。

1年間の所得に基づいて所得税額を申告した結果、納めすぎた税金が戻ってくる場合もあれば、納めた税金では足りずにさらに税金を納めなくてはならない場合もあります。

※サラリーマンは、会社が行う年末調整によって所得が精算されるので基本的に確定申告をする必要はありません。
ただし、年末調整で適用対象とならない雑損控除や、医療費控除、寄附金控除を受けたい場合や、初めて住宅ローン控除の適用を受ける場合などは確定申告をしなければなりません。(確定申告をしなくても違法にはなりませんが、本来受けられるはずの控除が受けられなくなってしまいます。)

控除を受けるため(納め過ぎた税金を還付してもらうため)に行う確定申告のことを、特に「還付申告」といいます。

※まったく所得税をおさめていなかった場合や所得が急激に増えた場合、確定申告をすることて所得税の不足分を納めるように言われることもあります。この場合の納付期限は3月15日なので、思い当たる人は早目に手続きを済ませることをおすすめします。

■参考ページ
・国税庁Q&A「確定申告・還付申告


2.還付申告とは

サラリーマンの場合、年末調整で処理できなかった控除を申告することで納め過ぎた税金が戻ってくる場合があります。「還付申告」とは、払い過ぎた税金の還付を受けるために申告することで、税務署の休業日以外は1年中いつでも行うことができます。また、申告漏れがあった場合は、5年前まで遡って申告することが出来ます。

PAK85_pennigiru20140312233042500.jpg


それぞれ細かい条件はありますが、

・多額の医療費を払った
・新たに住宅ローンを組んだ
・特定の寄附をした
・年の途中で退職して、年末調整を受けていない等々

つまり、「ふるさと納税」をした場合は、年末調整で算入されていなかった「ふるさと納税」の寄附金額を申告することで控除を受けられる(=納め過ぎた税金が還付される)ことになります。

しかも、今年から新たに申告するのは「ふるさと納税」だけという人は、記入事項の少ない専用の確定申告書を使えばさらに手続きが簡単にできるようになりました。

普通、サラリーマンが還付申告を行う場合は、「申告書A」という申告用紙を使いますが、申告するのが「ふるさと納税」だけの場合は、今年からは「申告書A(ふるさと納税をされた方専用)」という用紙でOKになります。ピンクの部分は記入しなくていいので、ぱっと見では、記入する量は今までの半分以下というかんじで嬉しいですね。

2月15日(今年は2月16日)からはじまる確定申告で税務署が混み合う前に、ささっと済ませてしまえば気持ち的にもずいぶん楽になれるはず。また、税務署には行かずに、ネットや郵送で還付申告を済ませる場合でも、早めに手続きをすれば、その分早く所得税の還付が受けられるので、気持ち的にも忙しくなる年度末にバタバタしないで済むよう、早目に手続きを済ませておけば安心ですね。

※各項目についての詳細は国税庁の確定申告特集でご確認ください。もしかしたら、ふるさと納税以外にも受けられる控除が見つかるかも?

※ふるさと納税では所得税だけでなく住民税も控除をうけられますが、確定申告をすることで、住民税の申告もしたことになり、その他の手続きは必要ありません。所得税については申告してから約2カ月後に寄付をした人の銀行口座へ、住民税は寄附をした翌年の6月以降に納める新年度の住民税が減額される形で戻ってきます。


実際に確定申告(還付申告)をするのに必要な手続きや必要なものなどについては、また別の記事でまとめていきますね。


スポンサーサイト



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © ふるさと納税を楽しもう ~家族で楽しむふるさと納税体験記&情報ブログ~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。