PAK86_kakuteishinkokusyoA20140313500.jpg


ふるさと納税をした翌年忘れてはならないのが確定申告。
ここでも何度か書きましたが、ふるさと納税をした後にちゃんと確定申告をしている人はなんと3割ほどだとか。「帰ってくるまでが遠足」ではないけれど、「(税金が)還ってくるまでがふるさと納税」です。確定申告をしないと1円も還ってこないので、ここは家計を預かる主婦として頑張りどころかもしれませんね。

ところで、インターネット「e-Tax」ってご存知ですか?「e-Tax」という言葉はご存じなくても、「インターネットで確定申告の書類を作って送ることができる」と聞けば、「ああ、そのことね」とピンとくるのでは?

「e-Tax」は、国税庁のホームページからパソコンにソフトをダウンロードするなど、いくつかの条件が必要ですが、事前準備さえ整えばの作業が楽なシステム。そのメリットとデメリットを比べたうえでどの方法で確定申告をするか考えてみたいと思います。

スポンサーサイト


e-Taxで出来ることは2つあります。

①自宅で申告書データを作成し、紙に印刷して郵送する

所定の場所に源泉徴収票にある数字と寄附先の情報(寄附金や日付、自治体名とその住所など)を入力していけば、自動計算して確定申告書を作成してくれます。
作成した確定申告書を自宅のプリンターでプリントアウトしたものに、必要書類を添付すればそのまま提出することが出来ます。もちろん、郵送でOK。電卓を打ちながら自分で記入する必要がないので、日頃、パソコンばかりで自筆で何かを記入する機会の減った人には安心・確実かもしれませんね。

※ ゆうパック、EXPACK500、ゆうメール、ポスパケットでは、信書を送付することはできません。
※ 「郵便物」(第一種郵便物)又は「信書便物」として送付する必要があります。


②税務署の窓口で申告書データを作成・提出する

自宅にパソコンがないという方や、自分で操作するのは自信がないという方は、税務署のパソコンを使って書類を作成することも可能です。その場で送信(電子証明書は必要なし)できるのでオススメです。しかも、近くにいる税務署の担当者に親切丁寧に教えてもらいながら作業を進められるので何かと安心。

※税務署からインターネットで送信する場合は、下記の電子証明書が必要となります。
※3月15日近くなると税務署もかなり混み合うと思うので、とにかく必要なものを持って、早めに税務署へ行くことをおすすめします!時間に余裕があれば、それだけ担当の方にも丁寧に教えていただけると思いますよ。

12157647_480x275.jpg
やさしくしてもらえますように


③自宅で申告書データを作成し、電子証明書を利用して送信する

確定申告書をプリントアウトすることなく、そのまま税務署へ送ることができます。受領書などの書類を添付せず、作成した確定申告書の送信ボタンを押すだけでOK。

ただし、インターネットで確定申告書を送信するためには以下の物が必要です。

(1)電子証明書
いきなり電子証明書なんて言われても、「それって何?」ってなんだか大変な気がしてしまいますよね。でも、これは住民票がある役所へ行って手数料を払えば比較的簡単に手に入れることができます。紙の書類ではなく、本人であることを証明するデータの入った住基カード(ICカード)のことで、下の写真のようなものです。

Identification card JAPAN.jpg
"Identification card JAPAN". Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ

.



気を付けなければならないのは、住基カードは単体でも発行できてしまうので、必ず「電子証明書の交付も含めてお願いします」と伝えることです。

必要な物は、
・本人確認のための身分証明書(保険証・運転免許証等)
・1000円(住民基本台帳カード:500円+電子証明費用:500円)
※費用は発行する認証局によって異なる場合があるので、各役所で確認してください。
・印鑑(役所によっては不要な場合もあります)
・顔写真(住基カードに顔写真を入れないなら不要)

※顔写真入りのカードは運転免許証などと同様に身分証明書として使用できます。確定申告に使うだけなら、顔写真は不要です。
※電子証明書の有効期間は3年間です。


(2)ICカードリーダー
パソコンに接続して、電子証明書を読み取るためのICカードリーダーが必要となります。価格は1500円くらいから5000円くらいまでいろいろありますが、店頭で買うより、アマゾンなどで送料無料のものを買った方が種類も多いのでオススメです。

⇒ アマゾンでカードリーダーの種類や価格を見てみる

住基カードには下の2種類があります。
1.コンビ型ICカード(接触・非接触型共有):カード表面に金属チップが見えるもの。
2.非接触型ICカード:カード表面には金属チップが見えないもの)

発行する自治体によって異なるので、どちらの種類のカードなのか必ず確認して、自分のカードの種類に合うカードリーダーを購入するようにしてください。


※e-Taxのソフトの導入や設定方法についてはびあろさんの記事に詳しく載っていますので、そちらをご参照ください。
 「自宅で申請!e-Taxで確定申告を行うための準備・設定方法。」">「自宅で申請!e-Taxで確定申告を行うための準備・設定方法。」

※e-Taxの入力方法についてはこちら
ふるさと納税をされた方の入力方法

l201108171600.jpg
あ、あかん。頭がショートしてきたー



いかがでしたか?
多少の手間と時間とお金はかかっても、事前準備さえ済ませてしまえば自宅にいながらすべての作業ができてしまうe-Tax。事前準備はちょっと大変そうというのであれば、e-Taxで確定申告書だけ作成して、プリントアウトしたものを郵送するのもいいですね。

でも、パソコンの操作に自信がなかったり、自宅にプリンターがない、電子証明書を取りに行く時間がないと言う場合は、源泉徴収票と受領証明書を持って税務署や確定申告相談コーナーに行けば書き方を教えてもらえます。

どの方法がいいかは、その人次第。次回(確定申告については多分最後になる予定)は、e-Taxのメリット・デメリットと我が家が選んだ方法について書きますね。

(*´∀`*) なるべくわかりやすく書いたつもりですが、わかりにくい部分があったらごめんなさいです。次の記事はさっくりいこうと思うヘタレな私ですが、応援していただけたらとっても嬉しいです。
全国の地域情報もご覧になれますので、よければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました