PAK86_kakuteishinkokusuru20140312500_20150405233205e38.jpg


さて、いよいよふるさと納税に関する確定申告シリーズの最終回(の予定)です。確定申告書の作成方法は、①手書きで作成、②e-Taxで作成の2つがあり、提出方法は①税務署へ提出しに行く、②郵送、③e-Tax(インターネット)で送信の3つの方法があるとご紹介してきました。

また、自宅で作成するか、税務署や相談会場で作成するかによってもそれぞれのメリットデメリットが考えられます。

正直、どの方法がいいかは一概にはいえないと思います。今の時点で私が感じたメリットとデメリットを挙げてみますので、「ああ、こんなこともあるのか」「いや、私はこう思う(こうだった)」等、それぞれの立場で受け止めながら、自分にとってどの方法(どの組合わせ)が一番無理なくできそうか考えていただければ幸いです。

スポンサーサイト


1 確定申告書を作成する場所によるメリット・デメリット

①税務署や相談会会場で作成する

〇専門家に教えてもらいながら記入(作成)することができる。
〇疑問点があればその場で質問できる。
〇何もわからない状態で行っても、必要書類(源泉徴収票と寄附金の受領証明書)があればなんとかなる。
×税務署や相談会会場まで行かなくてはならない。
×待ち時間が長いことが多い(特に3月)。
×受付時間や曜日が決まっている。
×相性の合わない、あるいは知識の乏しい相談員に当たる場合もある。
※特にふるさと納税に関する知識や情報量には個人差があるようです。

②自宅で作成する

〇自分に都合のいい時に作業できる。
〇自分のペースで作成できる。
〇わざわざ混み合う会場へ行かなくて済む。
×わからないことがあった時に、サポートをうけにくい(電話もつながりにくいことが多い?)。

15 01 05_9975
なんのはなししてるのー


2 確定申告書の作成方法によるメリットとデメリット

①手書きで作成
〇パソコンやプリンター、インターネットが使えなくてもOK。
〇源泉徴収票と寄附金の受領証明書さえあれば記入できる。
〇パソコンやソフトの不具合やエラーのストレスなく作成できる。
〇寄附先の名前や住所を一つ一つ記入しなくて済む(合計金額を記入し、寄附金の受領書を添付すればOK.)
×計算ミスや記入ミスをしてしまう可能性がある
※ もし間違えた場合は、間違えた箇所に二本線を引き、訂正印を押してなるべく同じマス目に訂正印を捺印する。


②パソコン(e-Tax・確定申告書作成コーナー)で作成

〇自動で計算して数字を入力してくれるので自分で計算をしないで済む(計算ミスがない)
〇訂正が簡単(※注1)
〇e-Taxを利用できる。
〇作業の途中でデータを保存できる(※注2)
〇保存した前年度以前のデータを呼び出すことができる。
×e-Taxのソフトをインストールできるパソコンとインターネット環境が必要である。
×パソコンやソフトの不具合、エラーが起こる可能性がある。
×入力ミスやエラーが起こった時、(サポートも含めて)自力で解決できるスキルを必要とする。
×寄附先の自治体の名前と住所を一つ一つ入力しなくてはならない。
×利用できる期間(1月初旬~3月中旬頃)が決まっている。
(※注1) 実際、私がやってみた時は、順調に入力作業を進めて最後の「印刷」ボタンを押したら、「使えない文字(-)が使用されているので訂正してください」という文字が現れました。

自治体の住所の番地をコピペした時に、「12-3」というように「-」を使ってしまっていた自治体があったのがいけなかったようです。「戻る」ボタンで該当箇所まで戻って「12番地3」と修正すると、今度は印刷ページにいきつく前に、「入力内容に誤りがあるようです」というような文章が現れました。修正したんだから大丈夫だろうと「進む」をクリックすると、なんと「還付金額〇円」となっていたのが、「追加納税〇円」となっていてビックリ!!!

何度か作業を繰り返し、悩むこと30分。わかったことは、「戻る」をクリックしたことで入力内容の修正はできたけれど、「社会保険料の控除」などの数字が全部「0ゼロ」になってしまったらしいということ。

そこで源泉徴収票を見ながら「社会保険料等の金額」「生命保険料の控除額」などを入力し直し、ようやく最初に出た「還付金〇円」という画面にたどりつくことができましたが、よくよく見ると、「申告書A」だった書式が「申告書B」になっていました。

結局、どちらでもかまわないということだったので、そのままプリントアウトして使うことにしましたが、「次へ」をクリックする前に入力ミスがないかくれぐれもご注意を……。

(※注2) 自治体の名前と住所を一つ一つ入力していく途中での保存ができないので、入力する自治体数が多い場合は一番時間のかかる肝心なところで保存できない感があります。

15 01 05_9973
ねーねーあそんでよー



3 提出方法によるメリット・デメリット
①税務署へ出向いて提出する
〇簡単な記入ミスや書類の不備等が合った場合、その場で指摘してもらえることがある。
〇その場で収受日印付きの控えをもらうことができる。
〇提出前に内容を相談・確認してもらうことができる。
×税務署まで行かなくてはならない。
×待ち時間が長い。
×インフルエンザや風邪の流行る時期に人混みの中で手続しなければならない。


②郵送する

〇わざわざ税務署へ行かなくて済む。
〇夫婦で提出する場合、同じ封筒で送ることができる。
〇電子証明書やICカードリーダーなどを用意する必要がない。
×収受日印付きの控え(注3)が必要な場合は、控えと返信用の切手を貼った封筒を同封しなければならない。
(注3)確定申告の際に源泉徴収票の原本を提出してしまうため、所得を証明するための書類として収受日印付きの控えを使います。融資や奨学金を受けたり、保育園に入園する時に必要となるので、収受日印付きの控えは大切に保管するようにしましょう。


③e-Tax(インターネット)で送信する

〇確定申告期間中は、メンテナンス時以外は毎日24時間提出(インターネット送信)可能である。(土日祝日もOK!)
※平成27年1月13日(火)から3月16日(月)までは、24時間e-Taxの利用が可能です(メンテナンス時間を除く)。
※メンテナンス時間は、3月16日(月)を除く、月曜日午前0時~8時30分を予定しています。
〇わざわざ税務署へ行かなくて済む。
〇添付書類(源泉徴収票、寄附金の受領証明書)の提出を省略できる。
※ただし、後で提出を求められる場合があるため、5年間は保管してください。
〇還付金の入金が申告書を紙で提出するより早い。
〇受信通知及び申告データ出力分を申告の控えとして利用できる。
×住民基本台帳カードと電子証明書が必要(役所に出向き、1000円くらいかかる)。
×ICカードリーダーが必要(1500円くらい~)。
×パソコンの操作ミス、エラーなどが起こる可能性がある。
×電子証明書の有効期間は3年なので、3年毎に再発行の手続きが必要。

それから、確定申告には直接は関係ありませんが、ICカードリーダーがあればPASUMOやSUICAなどの残高確認などにも使えるので、あればあったでそれなりに使い道はあるかもです。

それぞれのメリットデメリットを考慮した結果、とりあえず我が家では今年は、パソコンで作成した確定申告書を郵送することにしました。<br /><br /> ただ、まだ届いていない寄附金の受領書が数通ある主人の分は「戻る」ボタンを使いたくないので、登録だけしてそれ以外は何も入力していません。もしかしたら受領書が届くのは3月頃になるのかもしれないけれど、郵送するので税務署の混雑等は気にせず、その他の必要書類や封筒などを用意して待つつもりです。

みなさんの知恵や工夫などもお聞かせいただけたら、とーっても嬉しいです。


(*´∀`*) この記事が「面白かった」「役に立った」と思っていただけた方に、ポチッと応援&この記事をシェアしていただけたらとっても嬉しいです。
にほんブログ村ランキングへ にほんブログ村 ランキングへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
スポンサーサイト



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました