ehr_sha.jpg


今を時めく世界の錦織圭選手。彼のテニスは素人の私ですら、見ていて「面白い!」と思わせるとても魅力的なプレイですね。あのアガシが「圭のプレイはお金を払ってても見る価値がある」と言ったのもうなずけます。そんな錦織選手の出身地が島根県の松江市。5才からテニスを始めたという錦織選手が初めてラケットを握り、13才で渡米するまで暮らしていた町となるとファンでなくても興味がわいてきますね。

スポンサーサイト


・・・・・

男子テニスの世界ランク5位で、松江市出身の錦織圭選手(25)(日清食品)がかつて練習したコートなど、ゆかりの地を巡るツアー商品を売り出そうと、県が思案している。昨年の全米オープンで準優勝、今年1月の全豪でベスト8に入った錦織選手の快進撃を追い風に、市も「テニスの街」を観光客らにアピールする構想だ。(井上絵莉子、土屋吾朗)

 県観光振興課では、宍道湖や松江城など、ほかの観光名所と組み合わせたツアーを検討しており、担当者は「実現に向けて情報収集中だが、一人でも多く観光客を呼び込めれば」と期待する。

 候補地は、錦織選手が小学生の頃、松江市から通った雲南市の加茂中央公園のテニスコート。公園では、錦織選手が世界ランクトップ10入りを果たした昨年5月、三つあるコートのうち、練習に使っていたCコートを、「圭」の名にあやかり「Kコート」と改めた。公園事務所は、幼い錦織選手が置き忘れ、その後に保管していた名前入りのラケットも展示している。

引用元:観光客呼び込み 生かせ錦織効果 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)



錦織選手といえば、昨秋に県民栄誉賞、市民栄誉賞を「自分はまだ発展途上中の身だから」と辞退していた記憶がありますが、それが島根県と松江市だったんですね。

その松江市が、錦織選手の人気にあやかってさまざまな観光プランを企画中なのだとか。幼い錦織選手が置き忘れたラケットなんてとっても気になります!これはファンにはたまらないでしょうね。

私が錦織選手を初めて知ったのは、テレビで見た、松岡修三さんの強化合宿に参加して泣きながらくいついていく、まだあどけない面影を残す錦織選手でした。

当時、松江市のテニススクールで錦織選手の指導をしていたコーチによると、「誘惑の多い大都市圏でなかったからこそ、テニスに集中できた。また、周りに強い選手がいなかったため、小学校の低学年から大きな大会に出ることができたことも圭を大きく成長させた」とのこと。

持って生まれた才能はもちろんのこと、それを育むのに最適な環境が松江市にはあったということなんですね。


松江市役所はココ!


その後、松江市では「松江をテニスの名所にしたい」という市長の意向もあって、昨年から県内のテニス人口を増やそうとテニス教室などのイベントを企画中だといいます。

そして、市の総合運動公園内にあるテニスコートの大幅な改修工事に見込まれる多額の費用について、市長は「ふるさと納税を財源にすれば、十分に実現可能だ」と市議会で述べているそうです。

ふるさと納税の使い道に「市(町・村)長にお任せ」という項目を挙げている自治体は多いけれど、こんな風にふるさと納税を財源にして今まで取り組めなかったことに取り組める自治体が増えると、納税者(寄附者)としても嬉しいですね。

ちなみに錦織選手の試合の応援で盛り上がる松江市の様子は各メディアに取り上げられ、知名度がぐんと上がったそうです。錦織効果がいたるところにありありですね。

加えて、全米オープンの帰国会見で「ノドグロが食べたい」と錦織選手が語ったことから島根のノドグロに人気が集まり、県内の鮮魚店などはさらに盛り上がったとか。島根県ではアカムツの口の中が黒いことから「ノドグロ」と呼ぶそうで、20cm以上の大きなものになると1尾千円以上、盆や正月には2千円以上となる高級魚らしいので、経済効果も期待できそうですね。

季節を問わず脂の乗りがいいことから「白身魚のトロ」と言われるノドグロは、一年中いつ食べても美味しいことから食通も絶賛するほどの旨さ。島根県だけでなく、山口県や九州など各地で獲れるそうですが、島根近海で獲れたものが一番脂の乗りがいいとファンも多いそうですよ。

島根県では煮つけや焼き物だけでなく、刺身や干物などで食べるそうですが、一部の寿司屋さんでしか味わう事のできないノドグロの握りは知る人ぞ知る名品だとか。それでも、脂の乗りのよさから「干物が最高!」とするファンも多いらしく、一度は自分の舌で確かめてみたい魚ですね。

ちなみに「奉書(ほうしょ)干し」とは、漬物の発酵技術の応用と熟成乾燥方法を採りいれた独自の乾燥法なのだとか。この独自の技術により魚の生臭さが消え、色目も鮮やかな、魚本来の旨味を感じられる干物に仕上がっているそうです。

「日本で一番目立たない県」と言われ続け、「日本でスタバのない県」を鳥取県と争うなど、地味な印象の強い島根県ですが、錦織選手の活躍に負けないくらい、今年は盛り上がるといいですね。




■ 奉書干し詰め合わせ
※ あじ3枚、えてかれい3枚、のどぐろ2枚 ※「奉書干し」は、浜田漁港で水揚げされた新鮮な魚を使用し、漬物の発酵・熟成技術を取り入れた弊社独自の乾燥法です。これにより、魚本来の旨味を感じるあっさりとやわらかい美味な魚に仕上げました。
■ 島根県松江市のホームページ
■ 寄附金額 … 1万円
■ 申し込み先 … 松江市のホームページより専用フォーム
■ 支払方法 … クレジットカード、ゆうちょ銀行振込、その他銀行振込

ちなみに私は国際試合での錦織選手のプレイが大好きですが、とんねるずの夢対決での錦織選手も大好きです。特に今年の錦織&松岡修三ペアVSとんねるず&マイケル・チャン&アンドレ・アガシの試合は面白かったー!彼は、まさに魅せる選手ですね。もちろん松岡修三さんも大好きで、カレンダーも持っています!(気持ちだけは体育会系)


(*´∀`*) この記事が少しでも役に立った、面白かったという方に応援していただけたらとっても嬉しいです。
下のバナーをクリックしていただくと、ランキング順位や他の地域情報ブログがご覧になれます。

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ

⇒ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました