P1450033.jpg


これまた昨年末にふるさと納税を申し込んでいただいた品、北海道浦幌町(うらほろちょう)の「ジンギスカンとウインナーのセット」。ただでさえ人気がある上、かけこみでの申込みだったのですが、2ケ月ほどで到着しました。

ジンギスカンは北海道の郷土食。他にもふるさと納税でジンギスカンをいただける自治体は多数ありますが、浦幌町のセットはジンギスカンもウインナーも行者(ぎょうじゃ)ニンニク入り。北海道出身の友人によると、「行者ニンニクを食べたいが為に死人がでる」「行者ニンニクを食べた人は半径5m以内に近づいただけでわかる(それくらい匂う)」等、さんざん聞かされてきた行者ニンニク。単に私がかつがれていただけなのか、それとも友人の言葉は本当だったのか、ついに真実が明かされる時がきました。(なんちゃって)

スポンサーサイト


ちなみに行者にんにくとは別名アイヌ葱やキトビロとも呼ばれるユリ科ネギ属の植物の多年草。全草に強いニンニク臭があるだけでなく、疲労回復や滋養強壮にも大変効果があるといわれていて、修行僧が厳しい修行に耐えるために食べていたことから行者(ぎょうじゃ)にんにくと呼ばれるようになったのだとか。

北海道では5月の連休明け頃から6月にかけて採れるそうですが、最近は採り尽くされてきた上、成長に5年から7年以上かかることから、自生しているもの(天然物)はとても貴重になってきているようです。


繁殖力が低く成長に時間がかかることに加え、春先には強い日差しを必要とするものの、6月以降は日陰を好むということから。ごく限られた場所でしか育たないと言われる行者ニンニク。生育地域は北海道から奈良あたりにかけてと広いので見たことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。(地域によってキトビロ、ヤマビル、山ニンニクなどいろいろな呼び名があるそうです。)

環境さえよければ、山奥にかぎらずちょっとした雑木林などに群生していたようですが、昔は自生するポイントを見つけても若い株は残すなど、すべてはとらずに「残して採る」ことが当たり前だったのが、最近は見つけたら大喜びでそこにあるものすべてを採っていってしまう人が増えたためめっきり減ってしまい、今では幻の山菜とも言われているのだとか。「残して採る」という昔ながらの知恵と美徳は何事にも見習わなければですね。

最近は養殖ならぬ栽培ものが多く出回っているようで、数年前に私も近所のホームセンターで行者ニンニクの株が売られているのを見てビックリしたことがあります。その時は「栽培物は香りも全然違うだろうからなぁ」と買わなかったのですが、ここまで貴重になってきていると知り、買っておけばよかったかなと軽く後悔しています。

そんなわけで、待ちに待った浦幌町の「ギョウジャニンニクとウインナーのセット」がようやく到着。やったぁ!詳しい商品説明は「ジンギスカンとウインナーのセット」@北海道浦幌町を申込んでみた!をご覧くださいね。

P1450008.jpg
一目で北海道からとわかるお届け物
(文字が宛名シールで隠れてしまっていたのが残念!)

P1450010.jpg
フタを開けると、お礼状の下にジンギスカンとウインナーのセットが♪


やっぱり総量1.7kg(定価3796円)というのは圧巻ですね。これが5千円の寄附でいただけてしまうのですからありがたいやら、申し訳ないやらですが、浦幌町の名前はしっかり頭に刻まれましたし、しっかり紹介させていただきます!

ちなみにこのセットは冷凍便で届いたので、冷蔵庫で1晩かけて解凍してからいただきました。


P1450013.jpg
めざとく食いしん坊のにゃん2登場

P1450021.jpg
ラムジンギスカン(500g)


P1450028.jpg
ビタクラフトの無水鍋(フライパン)に野菜を敷いてからラム肉オン!


ジンギスカンの食べ方」は、ジンギスカンWEBさんのサイトを参考にさせていただきました。ポイントは肉を室温に戻しておくことだそう。お鍋はジンギスカン鍋がなければ、フライパンでもホットプレートでもOKとのことでした。

北海道出身の友人にジンギスカン鍋を借りることも考えましたが、ジンギスカンの専門でもフライパンでOKといってるし、yukikoさんのブログ(こちらは当別町からふるさと納税で頂いたジンギスだそうです)でもフライパンでとっても美味しそうに焼けているので、フライパンで決行しました。

P1450031.jpg
ジン、ジン、ジンギスカ~ン♪


このジンギスカンの歌は、子どもたちも学校で踊ったとかで(今でも踊るんですねー)知っていました。なんか、つい口ずさみたくなる不思議な魅力がジンギスカンにはありますね。(我が家だけ?)

野菜は玉ねぎ、キャベツ、にんじん、かぼちゃ、もやし、ピーマン、長ネギ。北海道だったら、これに行者ニンニクが加わるのでしょうか。気持ちだけでもと青ネギの青い部分をたくさん使ってみました。

味付きのラム肉なので、鍋に入れる前の野菜に薄く塩を振ったくらいであとは一切手を加えず、中弱火で加熱。肉の色が変わるか変わらないかくらいでサッととりだして頂いてみました。タレは甘すぎず辛すぎず肉にも野菜にもあういいお味で、ラム肉の臭みもそんなに気になることもなく美味しくいただきました。

行者ニンニクの香りとラム肉の匂いとで独特の香りを感じましたが、次男は去年、修学旅行で北海道へ行った時に食べたジンギスカンと同じ味がするとご満悦の様子。ラム肉初体験の娘も「これが羊の肉?へぇ」と興味津々でいただいていました。

普段の焼き肉とは一味違う、「ジン、ジン、ジンギスカ~ン♪」ならではの高揚感とともに美味しくいただきました。我が家の場合は500gパックだけではさすがに足りなかったので、ウインナーもいただくことに。


P1450016.jpg
「ウインナー(スモーク)(150g)」
美味しそうな匂いでもするでしょうか?

P1450019.jpg
ウインナー(ノンスモーク)(150g)

P1450027.jpg
ウインナーはボイルで


ウインナーの直径1.5cmくらいでしょうか。スリムですが肉の旨味がギュッ!パリっ!ジュワっ!と美味しかったです。で、しっかり行者ニンニクの香りが効いてました。

メーカーのサイトには「乾燥させたものを使用しているので食後の匂いはほとんど気になりません」と書いてありましたが、これは十分気になると思います。(´∀`;)

一口食べて「うわー、強烈!」というほどではないのですが、ガーリックウインナーと言っていいくらい十分に香っていました。行者ニンニクというよりまさにガーリックというかんじ。もちろんとっても美味しかったです。


もうちょっといけるということで、もう1パックも開封。

P1450023.jpg
豚ジンギスカン(500g)


この豚ジンギスカンっていうのがちょっとミソですね。ジンギスカン初体験の娘、1パックめは珍しさもあって喜んで食べていたのですが、さすがにラム肉はもういいと言っていたところだったので、「今度は普通の豚肉だから大丈夫だよ」と言ったら大喜び。思いっきりジンギスカンを味わいたいという方には物足りないかもしれませんが、初めてのジンギスカン体験をされる方や小さいお子さんのいらっしゃる家庭にはいいかも。

おいしいんだけれども、普段食べ慣れない人にはやっぱりラム肉というのは独特の風味があるようです。(単にうちの娘がお子ちゃま舌だというのもありますが。)

P1450033.jpg
厚切りの豚肉が

P1450034.jpg
ジュワワーッ


こちらのタレは基本的に醤油ベースのようで、我が家好み。肉厚の豚肉もふっくらと柔らかく、とても美味しかったです。ジンギスカンでお肉と一緒に野菜もたっぷりいただけたのですが、さっぱり系のものも欲しくて、冷奴と枝豆、大根サラダと一緒にいただきました。

もう一袋あったホルモンはさすがに食べられないということで、こちらは次回のお楽しみということに。

P1450014.jpg
「味噌ホルモン」400g


次回に回されたホルモンですが、さすがにホルモンというだけあってこちらは行者ニンニクとの相乗効果で強烈な香りでした。もう、開封したとたんにぷーんときて、「今日のご飯何っ」と娘が驚いたほど。加熱するとその香りは家中にあふれ、帰宅した次男もビックリした様子。

P1450157.jpg
味噌味というところが珍しいですよね


最初はパッケージの中身だけを鍋に入れて火にかけようかと思ったのですが、これだけだとヘビーかもという思いがよぎり、玉ねぎと人参を加えました。匂いは今回のセットの中で一番強烈でしたね。でも、不思議なことにホルモンを口に入れるとその匂いは気にならなかったです。むしろコリコリとホルモン独特の風味が美味しかったです。

ジンギスカン初体験で冒険的な味を食べ慣れない娘は、どんなに美味しいからといっても、この匂いだけでもう「無理っ!」とのことで、今回はいただけませんでしたが機会があったらまたチャレンジさせてみたいです。

味覚は小さい頃からの経験の積み重ねである程度決まるともいうので、北海道へ行くのは難しくても、ふるさと納税で我が子にジンギスカン体験をさせてあげられるというのもいいかもですね。我が家も何年か前からチャレンジしていたら、娘も 「美味しい!」と食べられたかもしれません。

浦幌町では5千円の寄附でこのジンギスカンセットがいただけるので、チャレンジしやすいという点も嬉しいですね。

我が家は今年は別のジンギスカンを申込んでみようかと検討中です。ラム肉は奥が深そうです。

そして食後には匂い消しのためにしっかりりんごを食べるのをお忘れなく!食後のりんごを食べ忘れた主人、翌朝はにんにく料理を食べた翌日さながら香っておりました。。。
■ 「ジンギスカンとウインナーのセット」
■ 北海道浦幌町(うらほろちょう)のホームページ
■ 寄附金額 … 5千円
■ 到着まで … 61日(年末年始あり)
■ 申し込み先 … ふるさとチョイスの専用フォームより
■ 支払方法 … クレジット(Yahoo!公金支払い)
■ 提供元 … 株式会社ユーエム
■ その他
1 記念品の送付は、1年(1/1~12/31)につき1回に限らせていただきます。
  暦年内に2回目のご寄附をいただいても記念品はお送りできません。
2 記念品の発送は、寄附金の受領証明書発送から最大2ヶ月程度のお時間
  をいただいております(寄附金受領証明書と記念品は別々の送付です)。
3 寄附金ご入金後の返金等は、一切致しかねます。


(*´∀`*) この記事が面白かった、役に立ったという方にポチッと応援していただけたらとっても嬉しいです。

こちら↓↓にはたくさんの「ふるさと納税」に関する記事があります。
興味のある方は応援よろしくお願いします(*´∀`*)

≫ ふるさと納税 人気ブログランキング
≫ ふるさと納税人気ランキング ブログ村


スポンサーサイト



関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました