kinen_oogutiya.jpg


ふるさと納税をはじめて以来、ずーーーーっと気になっていた特産品がありました。そう、それが今回のタイトルにもある「餡麩三喜羅」という和菓子です。これは「あんぷさんきら」と読みまして、愛知県江南市の特産品であるところの名古屋の銘菓です。

それも、「名古屋へ行ったら絶対にあれ買ってきて!」「わかった、あれね!」という人たちが世の中にどれくらいいるだろうかというくらい知る人ぞ知るまぎれもない銘菓なのです。

スポンサーサイト


食べることが大好きな私ですが、特に「ぷるぷる」「とろとろ」「つるつる」「もちもち」系には目がなくて、ゼリーやババロワからこんにゃく、白たきまで、自分でもあきれるくらい好んでしまうこの食感。

そんな私がこの「餡麩三喜羅」をふるさと納税で見つけた時は、思わず「ヒャッホー♪」と叫んでしまいそうになるくらい胸が高鳴りました。でも、ちょっと待って。

餡麩三喜羅は麩饅頭(ふまんじゅう)、そう、生麩(なまふ)で作ったお菓子なので日持ちがしないのです。調べてみると、消費期限は「発送日を含めて2日」となっています。愛知県からの発送であれば、神奈川県の我が家に到着するのは翌日になってしまいます。

販売元の大口屋のサイトにはこのような注意書きがあります。
・・・・・

餡麩三喜羅をご注文の場合、消費期限は配達日当日(発送日の翌日)となります。
お届け日は、確実にお受取りいただける日時を、ご指定下さいますよう、お願いいたします。
もし、お届け先が、配達日当日ご不在の場合は、商品をご注文主様へ転送させていただきます。なお、転送の場合、ご指定配達日の翌日以降のお届けとなりますので、消費期限切れの状態でお届けとなります。ご了承下さいませ。

引用元:配送について:大口屋オンラインショッピング|和菓子の老舗、大口屋の麩まんじゅう「餡麩三喜羅(あんぷさんきら)」



もちろん5人家族の我が家が、届いた当日に麩饅頭10個を完食することは簡単です。ただ、いつ届くのかわからないお礼の品なので、万一当日に受け取れなかったらと考えると、どうしても躊躇してしまっていました。仕事で遅くなるような日に配達されてしまったらその時点でアウトです。

たとえ発送の翌々日に届いたとしても、つまり消費期限が切れてしまったとしても我が家なら普通に食べてしまうとは思いますが、やっぱりせっかくいただくなら、最高のコンディションでいただきたいと思うんですよね。


もう、さんざん悩んで、いっそのこと通販で購入してしまおうかとも思ったのですが、送料756円(夏季はクール便になるため972円)のことを考えるとなんだかなぁ。

「食べたい」「でも、食べられるかわからない」「でもでも食べたい」

すぐそこにあるのに、手が届かないもどかしさ。この餡麩三喜羅は、愛知県内でもごく限られた店舗でしか買うことができず、全国で扱っているお店も17箇所+オンラインショッピングのみ。それでも様々なメディアで取り上げられたり、松任谷由実叶姉妹工藤静香らが紹介していたりと、芸能人からの注文もけっこうあるようで、一度食べた人の心をつかんで離さない魔性の和菓子でもあるのです。(数年前に食べて以来、私もその魅力にとりつかれた一人です。)
※すみません、御名前自体が一つのブランドということで敬称略で書かせていただきます。

私が言うだけならせいぜい「へぇ~」ですが、そんじょそこらの芸能人ではなく、超がつくほどセレブなオーラ満載のこの方たちまでもが「美味しい」と認めたお味でございます。叶姉妹や工藤静香についてはよく存じ上げませんが、ユーミンこと松任谷由実は、料理の腕はもちろん(と関係者の間で評判ですね)、雑誌などでオススメグルメなどを紹介されていたのを何度か目にしたことがありますが、知識といい舌といいセンスといい、かなりの食通と感じております。

大物芸能人でなくともちょっとこの魅力にとりつかれてしまった(と思われる)人たちが大勢いらっしゃうので、ちょっとその声をネットで拾ってみますね。

・・・・・

大袈裟ですが、その時の感動は今も忘れません。何とも言えない不思議な食感。普通のお餅みたいに粘っこくなく、お饅頭みたいにパサパサせず、中には甘さ抑え目の餡。

引用元:餡麩三喜羅(05・03・19)

やわ~~と伸びてプツンと切れる歯ごたえがたまらんのやさな

引用元:最中「一志の里」【津市】と餡麩三喜羅(あんぷさんきら)【江南市】 - 食べてぼやいて今日も熟睡

いくらでも食べられるので、たらふくになかなかなれないことが、嬉しくもあり、悔しくもあります。

引用元:ふくふくきらきら麩まんじゅう(餡麩三喜羅:大口屋): たらふく。

やはりこの「もっちりとした生麩と、上品なこし餡の組み合わせ」、
これが食べ飽きずに、また食べたいという気持ちになるのだと思います。

引用元:さんきらの麩饅頭のおいしさ(江南の大口屋さん) | 料理研究家 冨田ただすけ の ブログ

餡麩三喜羅めっちゃ美味しい!!!!!!!なにこれ!!!名古屋最高やん!!!

引用元:餡麩三喜羅 - Twitter

・・・・・
たかが麩饅頭、されど麩饅頭なのですよ。

そもそも「生麩」とは、小麦粉からデンプン質をとり除いた良質の植物性タンバク質「グルテン」のかたまりで、水で練った小麦粉を何度も水にさらして作ります。言葉だけだとわかりにくいかもしれませんが、とにかく普通の大福やまんじゅうなどの皮の何倍もの手間がかかっているのです。
詳しい作り方はこちら ⇒ 「おうちで作れる♪生麩まんじゅう」(クックパッドより)

    

普通は、すまし汁などに使われることが多い生麩


そもそもこの生麩が作られるようになったのは鎌倉時代末期頃のこと。肉食を禁じられた禅僧たちが精進料理に用いたのが始まりとされ、貴重なタンパク源として食べられていたのだといいます。

尾張の国こと江南市にある大口屋は、創業文政元年(1818年)という和菓子の老舗。第11代将軍徳川家斉の頃ですよ。それから155年後の1973年に誕生したのがこの「餡麩三喜羅」。

当時、大口屋の5代目・6代目当主が蒸し菓子の人気低下が止まらない中、なんとか新商品の開発をと古くから尾張でよく食されてきた麩を活用したお菓子を作ってみることを思いついたのだそう。それまで精進料理など和食の素材として使われてきた生麩で餡を包むというのは、まさに和菓子職人ならではの斬新なアイディア。

しかい、気温や湿度の影響を受けやすい生麩になかなか思うような和菓子が作れず、長年試行錯誤したといいます。けれど、どんなに難しくても決してあきらめることなく、職人ならではの「」と「」で、生麩を丁寧に加熱して仕上げることで、なめらかでこしのある独特の食感の皮を生み出すことに成功しちゃうんですね。素晴らしい!

さらに出来上がった麩饅頭をサンキライ(別名サロトリイバラ」の塩漬けの葉で包むことで、さらに独特な香りづけに成功。柏餅や桜餅にない、まさに餡麩三喜羅ならではの香りが生まれました。この絶妙な香りがたまらないという人もけっこう多いんですよ。



今でこそ独特の食感と美味しさが絶賛されている「餡麩三喜羅」ですが、開発当初は麩の品質も不安定で、さらに四季ごとに品質が異なるなどずいぶん客からのお叱りも受けたといいますが、そういったお叱りの一つひとつを真摯に受け止め、誠実に対応して商品の向上に務め、今のあの味にいきついたといいます。これぞ職人魂ですね。

ちなみに1日に作る「餡麩三喜羅」の量は、2005年頃で1万個だったといいます。今はもっと増えていると思うのですが、どんなに多くてもすべてを機械任せにせず、あえて手作りの工程を残すなど、「手作り」にこだわっているとのこと。そうすることでマニュアル化できないようなちょっとしたコツや、気温や湿度による生地の変化に対応するなど、文字通り「職人技」が継承できるからなんだそうです。

老舗としての誇りは、「和菓子に携わる者として、大切な日本文化の一つを担っているという自負もある」という6代目店主の言葉からもにじみ出ています。もちろん好みの問題もあると思いますが、今でこそ数ある麩饅頭の中で他の追随を許さない大口屋の「餡麩三喜羅」。機会があれば、ぜひ一度は食べてみてくださいね。

私は江南市近辺の方が本当にうらやましいです。

関東地方では、日本橋三越、銀座三越、西武池袋の3店で購入できるようですが、入荷日が決まっているようなので事前確認が必要かもしれません。その他の取り扱い店舗については、大口屋のホームページで確認してみてください。

いつか銀ブラでもするようになったら、絶対買いにいくざます。





■ 愛知県江南市のホームページ
■ 「餡麩三喜羅」10個入り
・さっぱりとした上品な甘さのこし餡を、もちもちとした歯ごたえと口溶けのよいなめらかな食感の生麩で包み込みました。また、本体を包む、塩漬けされた山帰来(別名サルトリイバラ)の葉の香りと塩味が程良いアクセントとなり、味に深みを加えています。
・尾張地方を代表する銘菓、餡麩三喜羅の豊かな味わいを是非ご賞味ください。
・消費期限:発送日を含めて2日間 
※現在、クール便で発送しておりますが、北海道・青森・沖縄はお送りできかねますのでご了承ください。
■ 提供元 … 大口屋
■ 寄付金額 … 5000円~
■ 申し込み … 江南市のホームページより申込書をダウンロード、ふるさとチョイス
■ 支払方法 … クレジット(ふるさとチョイスからの申込のみ)、納付書振込、現金書留、現金持参

江南市にはその他にも魅力的な特産品がたくさんありますよー。


(*´∀`*) 年度末でなかなか思うように時間が取れず、更新時間がマチマチですみません。この記事が面白かった、役に立ったと思って頂けた方にぽちっと応援していただけたらとっても嬉しいです。
下のバナーをクリックしていただくと、ランキング順位や他の地域情報ブログがご覧になれます。

にほんブログ村ランキングへ にほんブログ村 ランキングへ

⇒ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました