• ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 【冬季限定】「久良の寒ブリ1尾(5kg台)」@愛媛県愛南町で届いた寒ブリがとにかくすごくて大仰天!!家族5人で丸ごと1本を味わい尽くした我が家の記録①
  • ホーム
  • »
  • »
  • 特産品レビュー
  • »
  • 【冬季限定】「久良の寒ブリ1尾(5kg台)」@愛媛県愛南町で届いた寒ブリがとにかくすごくて大仰天!!家族5人で丸ごと1本を味わい尽くした我が家の記録①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


【冬季限定】「久良の寒ブリ1尾(5kg台)」@愛媛県愛南町で届いた寒ブリがとにかくすごくて大仰天!!家族5人で丸ごと1本を味わい尽くした我が家の記録①

P1450046000.jpg


昨年12月の記事でご紹介した「久良の寒ブリ」こと愛媛県愛南町へのふるさと納税でいただける寒ブリがどうしても気になって、1月に入ってから早速申込んでみました。

出世魚のブリ、今までワカシ、イナダ、ワラサと名のつくものは丸ごと1尾で購入したことはありますが(魚屋さんもおろす手間が省けるからか、丸ごと1尾で買うとかなりお買い得なのです)、せいぜい40cm前後のものでした。丸ごと1尾のブリなんて店頭でも見たことがありません。

一度は出世魚の中でトップの座に輝くブリの姿を見てみたいという願いがふるさと納税のおかげで叶ったわけですが、その輝かしい御姿とお味はさていかに。ドキドキしながら待ちました。

スポンサーサイト


最初にお断りしておきますが、この寒ブリは【冬季限定】ということで、1月下旬に申し込みが締め切ってしまいます。この記事を読んで「寒ブリいいなぁ」と思われた方は、来季の受付開始までお待ちくださいね。

発送は2月中旬以降となっているので、昨年度申し込んだものを含めていくつか届いていないふるさと納税の特産品があった我が家は、
・発送はできれば3月すぎにお願いしたいこと
・心の準備をしたいので事前にお知らせいただければ大変ありがたい
という希望を添えて申し込ませていただきました。特に消費期限の短い生ものなどを頼む場合は、旅行などで受け取れない時期がある場合や、配達希望の時期や曜日などを備考欄などで知らせておくことをおすすめします。

また、希望が通るかどうかは別として、「事前に配達予定日を知らせてほしい」とお願いしておくと、知らせてくれる自治体もあるようです。

さて、話しは寒ぶりにもどりますが、普通にスーパーで売られているぶりの切り身は、一切れが大体100g。刺身用の柵でも300gくらいが一般的なサイズです。それが5kgって……(想像中)。

我が家の計画では、届いた日におじいちゃんおばあちゃんも読んで刺身とぶりしゃぶでいただいて、残り具合によって焼くなり、煮るなりしていただこうということになっていました。実はぶりじゃぶは私も主人も未経験。子どもたちに言わせると、なんでも唐沢寿明がテレビCM(今も放送されているのかな?)で「ぶりっていうのはなぁ」「んーーー(うまい!)」とやっているらしく、ぶりを申込むなら我が家でも挑戦してみたいとのこと。

たしかに脂ののったぶりならほどよく脂が抜けておいしそう。これは楽しみー


ついにブリ様の到着!あまりの迫力にびっくり!!

そして3月。いつ届くのかとても楽しみにしていた久良の寒ぶり様は、1日の夕方に突然やってきました。ちょうど娘が遊びに来ていた友達を見送りに玄関を出たところだったらしく、「なんか細長い箱が届いたよ」とのこと。細長い箱?何か頼んだっけ??と、不思議に思いつつ(申し込んでからそこそこ時間がたっていたので)、リビングまで持ってくるよう頼むと「なんだかすっごく重いんだけどー」と娘。

細長くて重い箱??バットのような金属製のものを想像してしまい、一体なんだろうと怪訝に思う私の目の前に現れたのは、なんと待ちに待った久良の寒ぶり!!!


P1450036.jpg
娘が両腕で抱えて持ってきてくれたトロ箱


この時点で、夕方の5時20分くらい。「え、今からどうしよう?」「おじいちゃんおばあちゃんを呼べない!」「でもとりあえず連絡だけでもしてみるべき?」「今からさばいて、何時に食べられる??」頭は一瞬、真っ白に。それでも娘とキャーキャーいいながらフタをあけてみると…

P1450038.jpg
いきなりぶり様!!!

P1450039.jpg
ビニール袋に入ったぶりが氷漬けにされています

P1450040.jpg
娘「目玉が澄んでいる魚は新鮮だって家庭科で習った!これ、超新鮮!!」

P1450042.jpg
まずはシンクできれいにウロコを取ります

P1450041.jpg
頭を落として3枚におろします


ちなみにこのぶり、6.15kgもありました。(トロ箱ごとだと7.1kg!娘が重たい重たいというわけです。)5kg台のぶり=5kg程度のぶりを想像していましたが、なんと6kg以上のものが届くとはっ!!!全長は65cmほどでした。30cmのものさしを繋げた長さより長いって、実物はものすごい存在感というか迫力です。

ふるさと納税って地元の自慢の品を送っていただけるから、「よっっしゃ、最高のもん送ったる!(なぜか関西弁)」という心意気というか、商売っ気なしのきっぷのよさのようなものを感じることが多いです。

もしこれが商売だったら、例えば5kgのものを注文して、6kg以上のものが届くということはまずないと思うのですが、こういう点がふるさと納税の魅力の一つでもあるように思います。嬉しくてありがたいふるさとからの気持ちですね。


いよいよ調理開始!あまりの大きさに悪戦苦闘!!

調理の前に、まず下ごしらえです。まずは表面をきれいに洗ってウロコを落とします。

ウロコを落とすのは普通の包丁でもいいし、ペットボトルのキャップでとるという裏ワザも有名ですね。我が家では水道の蛇口から水を細く流しながら、ペットボトルのキャップでちゃっちゃとやりました。(この方法だとうろこが飛び散りにくいので後片付けも簡単なのです。)

鯛とちがってぶりのうろこはそんなに剛健でもなく、量もあるわけでもないので、あっという間に終了です。強いて難点をあげるとしたら、体の表面がかなりぬめぬめしているので、手でおさえにくいという点くらいでしょうか。水で流しながら包丁の背で取れるだけとってみましたが、ぬめぬめ感がしっかりとれたとはとても言いきれない状態。でも、このぬめりが鮮度を保つとも言われているので、これだけのぬめりがあるということは相当新鮮ということでもあるんでしょうね。

※「魚のぬめりは塩で洗い落とすといい」と以前、魚屋さんに教わったことを後から思い出しました。この時の私はどれだけ慌ててたんでしょうね。突然のことに、かなりテンパってしまいました。

大変だったのが3枚におろすところ。我が家には出刃包丁なんてないし、一応水で洗い流したとはいえ、ぬめってて力がうまくはいらないというか、押さえがきかないというか、包丁が入らないというか。いやあ、頭を落とすのに10分くらい格闘してしまいました。

娘が「こわいー」と逃げてしまったので、調理中の写真は撮れませんでした。(T-T)

P1450043.jpg
不思議な位置で頭を落とされてしまったぶり様


普通は頭を落とす時に、ひれの後ろから包丁を入れるのですが、とにかく包丁が入らなくて(包丁の刃が欠けてしまうのも怖くて)、頭の付け根というか、えら蓋のところから無理やり包丁を入れると言う荒業に出てしまいました。あわわ。普段は大きくてせいぜいサバ適度の魚しかおろさないので、普通の三徳包丁で全然問題なかったのですが、さすがにこういう時の為に出刃包丁を買っておけばよかったなぁと軽く後悔。

娘は逃げてしまいましたが、きちんと活き〆されているようで、殆ど流血はありませんでした。一応新聞紙を敷いたのですが、周りが汚れることもなく助かりました。さすがプロの技ですね。

3枚におろす時も、まず腹側から切れ目を入れて内臓を取り出して(殆ど血は出ませんでしたが、一応洗い流して)から背側からも包丁を入れていったのですが、とにかく身が厚くて包丁が思うようにすべらないというか、もう「ぶり様ごめんなさいねー」というかんじで作業していました。

もちろん、直前に包丁を研いてから作業に入ったのですが、私の技術不足と経験不足(というか、こんなに大きな魚をさばくのは初めてです!)を露呈する結果となりました。まあ家庭料理なので力不足のところはご愛嬌、食べられればいいよね♪ということでひたすら作業を続けました。

……と、ここで自称料理人(あくまでも自称です)の主人が帰宅。「柵を取るならまかしとけ!」とのことで、ありがたく交替します。私は中骨に残った身をすいたり、ぶりしゃぶの準備をしたり相変わらずやることはたくさんあります。丸ごと1尾って、やっぱりすごい存在感。


P1450044.jpg
「うわ、旨すぎる!!!」魚をおろしながらつまみ食い

P1450046.jpg
「いやぁ。最高だねぇ。」自称料理人も上機嫌


ここからの作業はすべて刺身包丁で。この時点で、小皿に醤油を用意して中途半端な切り落とし?を2人でつまみ食いしながらの作業です。皮をはぐ時も、とにかく身離れがいいと驚きと感動の連続でした。

そして、つまみ食い、いやお味見したぶりの美味しいこと!!!醤油をはじくくらい脂が乗っているのに全然脂っこさを感じさせず、甘くて濃い味。もしかしたらトロより脂が乗っているのかもしれないのに、臭みもないし、サッパリしているというか全然しつこくないのです。こんなに牛肉でいえばA5ランクの霜降りに匹敵するくらい脂が乗っているのに、ぱくぱくいけてしまうのですよ。このこと自体がもう感動的でした。


ついにいただきます!まずは「刺身」と「ぶりしゃぶ」!!!

さあ、準備は整いました。時刻は7:30くらいです。調理の途中でおじいちゃんおばあちゃんを呼ぶことも考えたのですが、普段遅くても夕方の6時には夕食を食べ始めているおじいちゃんたちなので、7時をすぎる時点でアウトです。というか、ぶりが届いた時点で5:20だったので、おばあちゃんは夕飯の支度を済ませている時刻でした。

しかもその時、ゲリラ豪雨なみの大雨が降っていました。さすがに今回は無理だろうということで、おじいちゃん達には8分の1ほどのかなり大き目の柵を届けることにしました。

P1450047.jpg
すき身というか、切り落としというか(これがまた美味しい!)

P1450051.jpg
すごいボリューム!!!(これで4分の3ほど)

P1450050.jpg
裏から見ると、かなり独創的な自称料理人の盛り付け


とにかく突然のことだったので、ツマを作ろうにも大根もないし、買い出し前だったのできゅうりも水菜も何もありません。夏だったら庭にわんさか生える青シソがあるのですが、夏に寒ブリは食べられないし(泣)。

でも、とにかくこの刺身には子どもたちもうまいうまいと大興奮。プリプリというかコリコリというかほどよく締まった身に、脂がノリノリなのにスイスイいけるコクがあるのにさっぱりした味。これが寒ブリの美味しさなんですね。

以前、お店で買ったぶりの刺身はもっと脂っぽかったです。その時は、「脂が乗っていて、やっぱりぶりはおいしいね」と喜んでいただいたのですが、そのぶりとは次元が違うというか、これを食べてしまうと、店で買う刺身のぶりは脂っこく感じちゃいそうだなぁというくらいの違いが素人の舌にもはっきりわかりました。

…とはいえ、お味見を入れたら調理開始から相当量のぶりを食べている私は、さすがに刺身だけで食べるのは少々ヘビーになってきたので、大分では醤油にかぼすを絞って刺身を食べることを思い出し、ゆずを絞っていただいてみたところ、これが大正解!!!

ゆずの酸味にぶりの旨味がさらに引き出される感じで、刺身醤油も用意していたのですが、私はゆずを絞って食べる方法が一番気に入りました。

ちなみに盛りつけた刺身の2枚目の写真の手前側が、一応ぶりしゃぶ用の薄めに切ったもの。


P1450054.jpg
昆布たっぷりのだし汁でしゃぶしゃぶ~


自分好みの状態まで火を通していただいたのですが、娘と次男はしゃぶしゃぶしゃぶ、長男はどっぷりお湯に浸からせてじゃぶじゃぶ、みんな初めての経験に軽く興奮しながら、これまた美味しくいただきました。昆布(北海道福島町へのふるさと納税でいただいたものです)をたーーーっぷり使うことで、グルタミン酸の旨味をまとった美味しさが生まれるとでもいうのでしょうか、昆布大好きな我が家ではみんな唐沢寿明にも負けないくらいの「んんーーーー(旨い!!)」と舌鼓。

お湯にくぐらせることで脂が抜け旨味が凝縮されるだけでなく、ほろっと崩れそうになった身の食感がまた絶妙でして。刺身の生もの感だけでなく、しゃぶしゃぶによる火を通したまったく別の素材感が加わることで、最後まで美味しくいただきました。ぶりしゃぶ後の昆布も最高に美味でしたよ。


かなり長くなりましたので、続きはまた明日にさせていただきますね。後半は、残った寒ぶりを〇〇と〇〇以外はすべて食べ尽くしますよー。


ちなみに「久良の寒ぶり」に関する記事はこちら
⇒ 【冬季限定】「久良の寒ブリ1尾(5kg台)@愛媛県愛南町」~ふるさと納税で寒ぶり1本を食べ尽くそう~


■ 「久良の寒ブリ1尾(5kg台)」
■ 愛媛県愛南町(あいなんちょう)のホームページ
■ 寄付金額 … 1万5千円
■ 申し込み … ①ふるさとチョイスより専用フォーム、②愛南町のホームページから申込書をダウンロードしてメール、FAX、郵送。
■ 支払方法 … クレジット(Yahoo!公金支払い)、納付書(ゆうちょ銀行)、銀行振込、現金書留
■ その他
※ 1月下旬申し込み締め切り
※ 2月中旬発送予定



(*´∀`*) この記事が面白かったよーと思っていただけた方に下のバナーをポチっと応援していただけたらとっても嬉しいです。
下のランキングにはたくさんのふるさと納税に関するブログがご覧になれますので、興味のある方はポチっと応援よろしくお願いします。(人´∀‘)♪

≫ふるさと納税ランキング ブログ村
≫ふるさと納税 人気ブログランキング


スポンサーサイト



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


コメント (4)

Re: No title

> つっちーさま

ぶりはおせちでも大活躍するくらいなので、
旬はもう少し寒くなってきてからかな?

脂の乗った寒ブリは格別ですよー
ぷく URL 2015-10-14 00:08

No title

ぷくさんこんばんは! いつも美味しそう&楽しそうに調理していますよね~^^
今だと旬は来月ごろからですか~? 記事を見てて食べたくなりました(笑)
つっちー URL 2015-10-12 22:45

Re: No title

> かなこさま

うわぁ、コメントありがとうございます!!

時間があれば(言い訳)もっとスッキリまとめられるはずなのになぁと思いつつ、長くなってしまう事が多いので、おつきあい頂けるだけでも嬉しいのに、そんな風に言っていただけて本当に嬉しいです!

久良の寒ぶり、来年はぜひ。

私も出刃包丁を買って今から腕をみがいておこうと思います。(笑)
ぷく URL 2015-03-23 08:55

No title

詳細なレポート、いつも楽しく拝見しています。

久良の寒ブリ。ものすごく悩んで、申し込まなかったのが悔やまれます。
我が家には大き過ぎるし捌くのも得意ではないので、別の自治体の片身のフィレにしました。
それももちろん美味しかったのですがぺろりと食べて物足りない感じで。。

来期は絶対にコチラにします!
かなこ URL 2015-03-22 07:17

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © ふるさと納税を楽しもう ~家族で楽しむふるさと納税体験記&情報ブログ~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。