• ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 「大多喜町ふるさと感謝券」「いすみ鉄道一日フリー乗車券」@千葉県大多喜町 あの金森さんもおすすめの感謝券や乗車券を使って大多喜町を楽しもう!
  • ホーム
  • »
  • »
  • その他
  • »
  • 「大多喜町ふるさと感謝券」「いすみ鉄道一日フリー乗車券」@千葉県大多喜町 あの金森さんもおすすめの感謝券や乗車券を使って大多喜町を楽しもう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


「大多喜町ふるさと感謝券」「いすみ鉄道一日フリー乗車券」@千葉県大多喜町 あの金森さんもおすすめの感謝券や乗車券を使って大多喜町を楽しもう!

  •  投稿日:2015-04-11
  •  カテゴリ:その他
300px-Isumi_Railway_train_at_Higashi-Fusamoto.jpg
いすみ鉄道いすみ線


1年に300万円のふるさと納税をし、「ふるさと納税の達人」と呼ばれる金森重樹さん 推しの千葉県大多喜町(おおたきまち)の「ふるさと感謝券」をご存じでしょうか。「ふるさと納税」をすると返礼品と一緒に、その自治体で使える施設や飲食店の割引券が贈られてくることがありますが(米子市の市民体験パックについてくる割引券などが有名ですね!)、大多喜町の「ふるさと感謝券」はおまけ的な存在ではなく、それ自体が一つの返礼品となっています。

その還元率はなんと7割!1万円の寄附でなんと7千円分の商品券がいただけるんです。利用できる取扱店は大多喜町の指定店のみですが、調べてみるとこの大多喜町、なかなか魅力的な町のようなので町の魅力とあわせてご紹介しますね。

スポンサーサイト


大多喜町は千葉県南部(房総半島南東部)にある外房・南総の町。東西約12km、南北約19kmと、千葉県の町村で1番大きな面積なのだとか。

町の面積の70%が森林だといいます。房総というと温かいイメージですが、南西部が山がちなせいか冬には最低気温が氷点下に達することもあるそうで、周辺の沿岸部が雨でも大多喜町は雪のことも多いのだとか。←私もずっと横浜のチベットと称される地域に住んでいたので、ものすごい親近感!

ちなみに「横浜のチベット」と呼ばれる標高高めの地域では、朝、雪が積もっているのでそれなりの防寒装備で家を出ると、駅が近付くにつれて雪が雨に変わり、電車の中では一人だけ異質な格好となってしまうなんともいえない気持ち。天気予報で「横浜市の積雪は3cm」と言っていても、我が家の周りは軽く20cmは積もっていたりと、一口に横浜市といってもいろいろあることをこの場をお借りしてご紹介させていただきました。ちなみにこれらの地域は標高が高いので、家からみなとみらいなどが見えるところが多いです。港からの汽笛も聞こえます。でも、気候が違うんです。(T-T)


大多喜町役場はココ!
千葉県夷隅郡大多喜町大多喜93番地

大多喜町には、「いすみ鉄道」というローカル鉄道が走っています。菜の花畑の中を走る姿は、いろいろな旅番組で紹介されているのでご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。いすみ市と大多喜町の間を走るいすみ鉄道は、第三セクターとして1988年に開業以来慢性的な赤字に悩まされていて、何度尾も存続の危機が噂されてきたといいます。

そして2007年の再生会議でついに2009年までに再生のメドが立たなければ廃止と決まり、公募社長が再建に取り組みはじめるも、わずか10か月で辞任ということで話題にもなりました。後を引き継いだ2代目の公募社長・鳥塚亮(あきら)さんが大の鉄道ファンであったことから、古ぼけたディーゼル線が全国的的にも貴重な鉄道遺産であることや、老朽化した施設が昭和レトロそのもので、さらには年老いたベテランスタッフの熟練の技が「いすみの鉄道」ならではの絶好のセールスポイントになることに着目し、再建への取り組みが始まりました。

その一環として車体に「ムーミン」をあしらったムーミン列車を走らせたところ、女性向け情報誌やテレビで取り上げられ、たちまち話題に。また、他線で廃車になった車両(「キハ52形」と「キハ28形」)を買い取って、土日にの2両編成の観光急行列車として走らせて鉄道マニアの心をわしづかみにするなどの演出が功を奏して、いすみ鉄道は2009年に存続が決定!



さらには、700万円の訓練費を自己負担してもらう運転士養成制度を創設して一般から運転士を募るなど、鉄道マニアの究極の夢をかなえる企画や、ムーミングッズやいすみの鉄道関連グッズの商品化などにより、知る人ぞ知る人気電車となりました。大多喜町へのふるさと納税でいただけるのが、この「いすみ鉄道のフリー乗車券3枚」と「オリジナルのお菓子」のセット。鉄道マニアでなくてもなんだか嬉しいですね。

その鳥塚亮さんのブログをみつけたので、鳥塚さんの言葉をご紹介しますね。


いすみ鉄道に限らず、ローカル線をテレビで取り上げると必ず視聴率が上がります。雑誌でローカル線を特集すると販売部数が伸びます。これはどういうことかというと、基本的にはローカル線のテレビを見るのは都会の人たちですから、都会の人たちはローカル線に対して、「良いところだなあ。乗りに行って見たいなあ。」という気持ちを持っているということです。

……(中略)ローカル線というのは、何も鉄道マニアの人たちだけの世界ではなくて、どちらかというと、あまり鉄道に興味がない人たちにも受け入れられる鉄道ですから、私は、そこにビジネスチャンスがあると見込んだわけです。

引用元:いすみ鉄道 社長ブログ | なぜムーミン列車なのか? その2


私も何かの旅番組で見たことがありますが、何もない田園風景の中をのんびり走るいすみ鉄道は、たしかに魅力的でした。終着駅が近づくにつれ、だんだん山深い景色の中を走り、なんと車窓からは「大多喜城」まで見えるのです!そう、大多喜町は戦国時代からの城下町なんですね。

大多喜駅前にある観光案内所は、その名も「大多喜町観光本陣」。町の観光情報の他、レンタサイクルや人力車などもあって、町を楽しむための情報てんこ盛りです。

また、大多喜町観光協会のホームページを見てみると、「都心・横浜から65分。海ほたるからお城まで35分、養老渓谷まで40分」とあり、町のさまざまな観光コースが紹介されています。桜はもう終わってしまったかもしれませんが、町営駐車場が1時間無料、4時間まで300円となっているので、のんびりたっぷり楽しめそうですね。


私も何度かアクアラインを使って横浜から千葉へ行ったことがありますが、本当にあっという間に着いてしまうんですよね。眺めはいいし、海ほたるも楽しいし、しかも千葉に入ったとたん風景ががらりと変わってひたすら山道、そして海。ドライブとしても楽しいと思いますよ。山道にある動物の飛びだし注意の標識も、猿やイノシシ、鹿、狸などいろいろ出てきて面白いので親子で楽しめそう(本物が飛び出して来たら困るけど)。

そんな大多喜町でのんびり楽しむのに大活躍してくれそうなのが「大多喜町ふるさと感謝券」。7000円分(2万円の寄附なら1万4千円分と、寄附金額に応じてその7割分がいただけます)もある感謝券は、宿泊施設からゴルフ場、食事処、ショッピングセンター、ガソリンスタンドまで町のさまざまな場所で使えます。(なんとマクドナルドもOK!)




余談になりますが大多喜町では町の偉人「本多忠勝・忠朝」親子をNHK大河ドラマに!という誘致活動も行なっています。

なんとこの本田忠勝という武将、徳川家康の最重要側近(四天王の一人)として戦国の世を生涯無敗で生き抜いたのだといいます。ただでさえ人気の高い戦国もの、しかも無敗とくれば、その戦略や人物像に興味を抱く人は多そうですね。さらにその息子・忠朝は慶長14年御宿沖で座礁したスペイン船乗員317名の命を救って日本、スペイン、メキシコの友好交流の基を作った情に厚い人物でもあったようで、ドラマとしても、この先の東京オリンピックを見越したPR活動としても、ドラマ化の可能性は高いかも?

上記サイトでインターネット署名の受付もしていたので、思わず私も署名してしまいました。もしドラマ化が決定したら、配役は誰がいいかなぁと一人妄想中です(*´∀`*)。



……というわけで、私も大多喜町のことがかなり気になってきました。これからゴールデンウイークや夏休みなどのレジャーの候補地としてもいいかもしれませんね。また、大多喜町に気軽に行かれないという方は、1万円の寄附でいただける「大多喜町産新米コシヒカリ玄米15kg」や「れんげの里のアイスクリーム18個入り」「ハーブティータイムセット」など、いろいろと気になりそうな特産品もありますよ。

お?と思う方は大多喜町の特産品一覧(ふるさとチョイス)を見てみてくさいね。

さてさて、雨も上がったことだし、私もわんこと横浜のチベットを歩いてこようかな(笑)

■ 千葉県大多喜町(おおたきまち)ホームページ
■ 返礼品
① いすみ鉄道オリジナル煎餅最中セットと一日フリー乗車券
・い鉄最中(3個入り、求肥)
・い鉄揚げ3袋(醤油味、カレー味、ソース味)
・おかき3種(枕木、ハープ、ゴボウ)
・いすみ鉄道線「1日フリー乗車券(3枚)」
② 大多喜町ふるさと感謝券 7,000円(寄附金の7割相当)
旅館、ゴルフ場及び道の駅など町内の登録店で使える商品券(有効期限1年)をお贈りします。
★大多喜町ふるさと感謝券を利用できる取扱店はこちらです。
★大多喜町ふるさと感謝券の取扱い注意事項はこちらです。



(*´∀`*) この記事が「面白かった」「役に立った」「いすみ野線に乗ってみたい!」と思っていただけた方に、これからも応援&この記事をシェアしていただけたらとっても嬉しいです。

こちら↓↓にはたくさんの「ふるさと納税」に関する記事がありますよー。
興味のある方は応援よろしくお願いします(*´∀`*)

≫ ふるさと納税人気ランキング ブログ村
≫ ふるさと納税 人気ブログランキング

スポンサーサイト



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


コメント (2)

Re: No title

> JACKさま

大多喜町、旅番組以外でもそんなに取り上げられているのですね。

田舎暮らしをするのに千葉はとても住みよいところだと思うのですが、ダメでしたか……。

ちなみに横浜市というのは港やみなとみらいなどの商業施設周辺のイメージが強いと思いますが、大半の住宅地はその中心部を取り囲む山というか標高の高い地域(要するに横浜のチベット)にあるので、かなり田舎です(笑)。

妄想キャスティングはまだまだ配役が決まらず、しばらく続きそうです^^
とりあえず今やっている「花燃ゆ」の吉田松陰はピッタリですね!さすがHNK。
ぷく URL 2015-04-12 11:30

No title

ぷくさん、こんばんは~、JACKです♪

大多喜町は、知り合いの出身地なので昔から名前だけはよく知っていました。TV東京の旅番組や、人生の楽園で運転士のお話など、メディアに登場する機会が多いですね。

将来は田舎暮らしがしたいと願う知人に、その候補地として推薦しましたら、先月、早速現地を訪れてきました。あまりに田舎すぎてNGだそうです(笑)。古民家ぐらしが希望というので、絶好の場所だと思ったのに、何を考えているんですかね、ったく!

こんなにユニークなふるさと納税があるなんて、知りませんでした。大多喜のコシヒカリを食べたことがありますが、とてもおいしかったです(かなり昔ですが)。

でも、JACKは「横浜のチベット」に一番反応してしまいました(笑)。速攻で検索してみたら、戸塚区や、旭区や、青葉区、都筑区、栄区…どこが本当なのでしょうか!? おまけに「横浜のチョモランマ」まで出てきてしまい、わけが分からなくなってしまいました。目立ちたくて、皆一斉に名乗りを挙げてしまったのでしょうか?

ぷくさんの”妄想”キャスティングに、とても興味があるのは私だけでしょうか。
JACK0904 URL 2015-04-11 19:56  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © ふるさと納税を楽しもう ~家族で楽しむふるさと納税体験記&情報ブログ~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。