• ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 湘南・江の島で大人気の行列の出来る店「とびっちょ」の「しらす丼」@神奈川県藤沢市魅力と並ばずに食べる方法を教えます
  • ホーム
  • »
  • »
  • グルメ情報
  • »
  • 湘南・江の島で大人気の行列の出来る店「とびっちょ」の「しらす丼」@神奈川県藤沢市魅力と並ばずに食べる方法を教えます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


湘南・江の島で大人気の行列の出来る店「とびっちょ」の「しらす丼」@神奈川県藤沢市魅力と並ばずに食べる方法を教えます



最近は、寒かったと思ったらいきなり暑くなったりで、うららかな春をすっとばしていきなりムンミンとした初夏になってしまう気がするのは私だけでしょうか。

とはいえ、気温が高くなってくるとなぜか行きたくなるのが海。考えることはみな同じようで、ゴールデンウィークの神奈川県は海へ向かう車で大渋滞。間違ってもコストコシーサイド金沢店になど行けません。特に江の島周辺は車も人も大混雑で、近くに住む友人によると「江ノ電に乗車規制がかかるほど」なのだとか。

ゴールデンウィークはまるで初詣並みに混雑しまくる江の島ですが、江の島といえばしらす!江の島~片瀬海岸のしらす漁は1月から3月中旬まで禁漁となっているので、春の訪れとともに解禁になった生しらすを味わいに江の島を訪れるファンも多いのです。中でも人気なのが「とびっちょ」というお店。

この「とびっちょ」は、いつでも行列が出来ているような江の島で大人気のお店なんですよー。

スポンサーサイト


「とびっちょ」ってどんなお店なの?


「とびっちょ」は2002年に江の島の玄関口、「青銅の鳥居」の手前を左折した道路沿いにオープンした江の島では比較的新しくてこぎれいなお店です。……って、さすがに13年もたつのでそれなりに年期も入ってきているかもしれないけれど、とびっちょが出来た当時は、それまでの江の島はいかにも観光客相手の老舗っぽいお店ばっかりで、古びた食事処や料理店の中に現れた店舗に「おお~」と驚いたものです。

この「とびっちょ」が人気なのは、新鮮な江の島名物「しらす」が観光価格ではなくリーズナブルなファミリー価格で食べられるという点。……というのも、「とびっちょ」は、江の島の土産物屋さんに生まれ育った生粋の江の島っ子である女将が、「地元の人が気軽に食事できるようなお店を開きたい」「江の島観光の思い出に心もお腹も満たしてお帰りいただきたい」という思いで開いたお店だからと言われています。

「とびっちょ」の正式名称は「しらす問屋 とびっちょ」。しらす問屋を名乗るだけあって、「その日江の島近辺で獲れたものしか提供しない」というこだわりの生しらすは、新鮮なのはもちろん、あまくてプリプリしていて本当に美味しいんですよー。

その証拠に、近辺のお店が普通に生しらすを提供している時でも、禁漁期間や不漁の時はとびっちょで生しらすは提供されません。その日に近隣でとれたもの以外は使わないというこだわりをオープン以来、ずっと守り続けてきているのです。

ちなみに今年はしらすが不漁のようで、生しらすの提供は江の島本店のみの日(しかも午前中でなくなってしまう)も多いようです。ゴールデンウィークの頃には大漁になっているといいですね。

※生しらすの入荷量が少ない時は、メニューを限定しての提供となります。「とびっちょ丼」と「生しらす単品」のみのことが多いです。漁については当日にならないとわからないので、「とびっちょ@tobiccho」のツイッターの情報を参考にされるといいと思いますよ。



どんなメニューがあるの?


現在、とびっちょは本店の他に4つの支店があり、それぞれのお店によってメニューやその日提供できるものが違っていたりします。ちなみに今年の4月にオープンしたららぽーと富士見店(埼玉県)には生しらすのメニューはありません。
今回は本店のメニューから独断と偏見でオススメの3点をご紹介しちゃいますね。

  • 生しらす丼(890円)※期間限定

やはりイチオシは「生しらす丼」!
3月中旬から12月末の期間限定、しかもシケや入荷量の少ない時は食べられない一皿です。食べられる機会があれば、ぜひ。ちなみに、とびっちょのご飯ものが入っている器は、みな同じものなのですがこれがまた大きいんです。直径20cm以上は余裕であります。22cmくらいはあるかな?割り箸の長さと同じくらいでしょうか。わかっていても、この迫力はちょっと感動ものですよ。

女性やお子さんだと一人で食べきるのはちょっとキツイかも、という量です。ご飯は酢飯です。……というのが共通事項。

IMG_8589.jpg
迫力の器に

IMG_8590.jpg
生しらすがどーんと!

IMG_8592.jpg
臭みや苦みのない新鮮な生しらすが

IMG_8595.jpg
野菜や海草の上に

IMG_8593.jpg
たまご&ポン酢と一緒に

IMG_8590.jpg
どーん!!!!


迫力ある器に、これだけの生しらすが乗ってるんです。昔、小田原で生しらすの小鉢を食べたことがありますが、たしか650円くらいする小鉢に入っていた生しらすの2倍はあるんじゃない?っていう量の生しらすが、どーん!です。この値段でこんなに???って、それだけで嬉しくなってしまいます。

しかもそれがぷりぷりしてて、臭みも苦みもなくて本当に美味しい生しらすなんです。はじめはなんで野菜や海藻?しかもぐるりとマヨネーズ??と、生しらす丼=和風を想像していると面食らうかもしれないけれど、食べてみると意外にこれがいけるんですよ。

大抵は生しらすから食べると思うのですが、あまりの量に口の中が「生しらす」化してしまうというか、さすがに飽きてきてしまうんです。そこで後半はマヨネーズのかかった周りの野菜や海草と一緒にいただくと、あら不思議、千切りキャベツの食感や海藻の香り、そしてマヨネーズがアクセントになって、ちょっとキツイなーと思った生しらすがまたスイスイ食べられるようになるのです。

IMG_8596.jpg
さらに卵を加えてパワーアップ


玉子は生か温泉玉子かを選べます。

生しらす以外の野菜や海草類、そしてマヨネーズについては邪道だという方もいらっしゃるようですが、注文時に言えば、マヨネーズ抜きにもしてもらえるのでご安心を。

一点だけ注意点を。気温の高い時などは食べるのに時間がかかると、途中でなんとなくですが生臭さが出てしまうので、おしゃべりなどは後ましにしてとにかく味わいつつもお早目に召し上がることをオススメします!(だから野菜などの付け合せがあるのかも??)


  • とびっちょ丼(1750円)


いわゆる海鮮丼。とびっちょで一番人気のメニューらしいです。江の島近辺でとれた魚介を中心に、しらすにえびや鮭、まぐろ、あなご、玉子焼きなど仕入れ状況に応じた新鮮なネタとサラダレタスとわかめなどの野菜で色鮮やかです。いろいろな味を楽しみたい方にオススメ!

ご主人は料理店の元板前、女将のお兄さんが活魚のお店をされているということから、お得で新鮮なネタの仕入れが可能なのかもしれませんね。ていうか、このツイッターによると、えびがウニに変更になることもあるんですねー。しらすは、時期やその日の仕入れ状況によって、生だったり釜揚げだったりします。


  • 釜揚げしらす丼(890円)


生しらすも美味しいけれど、釜揚げしらすもふっくらしててほどよい塩加減で実に美味しいんですよー。しらすが苦手という私の友人が、「しらすって本当は美味しかったんだ!」と感激した一品でもあります。


この3つがとびっちょのベースになっておりまして、あとは「(生)しらす+いくら」というように、鮭やねぎとろなどを追加した変化球的なメニューがあります。去年までは桜えびもあったと思うのですが、先ほどメニューを確認したらなくなっていました。もし釜揚げ桜えびのメニューがあれば、こちらも熱くオススメます。

本当は、「生らす」と「釜揚げしらす」が半々の丼が両方のお味が楽しめイチオシにしたいところなのですが、単品だと890円のしらす丼が、「生しらす釜揚げしらす2色丼」になると、1300円になってしまうので私は頼んだことがありません。それぞれの量が通常の半分以上入っているからなのかなぁ?謎です。

また、ガッツリいきたい方には直径20cm超えの器の直径と同じくらい大きな大きなしらすのかき揚げが乗った「しらすのかき揚げ丼(950円)」もありますが、よほど揚げ物好きな方でない限り、あまりの量に胸焼け必至です。どちらかいうと、ハーフサイズの丼が欲しいくらいなので、シェア前提に注文することをおすすめします。(´∀`;)

その他、本店には生しらすの握りしらす入り卵焼きなどの一品料理もたくさんありますよ。


……で、とびっちょで並ばずに食事をするには?


おそらく江の島で一番人気店のとびっちょ。2月の平日でも15分くらい待つこともあり、シーズン中となると2時間待ちも当たり前というとびっちょ。開店は11:00なのですが、10:30ですでに並んでいます。この時点で40人待ちとかもザラです。

整理券を発行しているので、とりあえず整理券をとってプラプラ島を観光して、時間の少し前に戻るようにすればいいのですが、万一順番が来た時にいなかったらアウトです。そこでオススメなのが、

  • 電話予約していく
2週間前から前日までなら、電話予約ができるのです。ただ、観光シーズンや週末はめちゃくちゃ混むので、行く日が決まっているならできるだけ早めに電話で予約しておくといいですよ。前日だと夕方にしか予約がとれないということもあるよううです。

  • インターネットで予約する
「EPARK」というサイトで事前登録をすると、インターネットで予約をすることができます。混雑状況なども確認できるし、店頭まで行かずに予約番号をゲットすることができるので、急に行くことになった時などにもいいですね。
※一週間前からの予約が可能です。

他にもこのサービスを利用できる店舗が多いので、すでに会員登録をしている方は、とびっちょをマイショップに登録するだけでOKです。ちなみに先月の最大待ち時間は3月だというのに「135組(444分)」ですって。がーん。


  • 江の島以外の店舗へいく
雑誌やメディアで紹介されるからか、年々混雑してきている気がするとびっちょ。日本人は並ぶのが好きといいますが、444分はいくらなんでも長いですよね。

これは「とりあえずとびっちょのしらす丼が食べられればいい!」という場合の方法ですが、おすすめは「とびっちょ テラスモール湘南店」です。もうこの辺りはなんでも「湘南」とつけてしまう傾向があるので混乱してしまうかもしれませんが、最寄駅はJR東海道線の「辻堂」駅。駅から直結してるのでアクセスは抜群。



江の島からなら7km弱の距離なので、渋滞がなければ車なら15分もかからずに行けるし(電車だと22分)、1時間までなら駐車場も無料で停められます。いわゆるフードコートなので、テーブル数は多いし回転も速いので週末のランチタイムとか、よっぽどのことでもないと殆ど並ぶことなくしらす丼を食べることが出来ると思いますよ。

さらに嬉しいのは、なぜだか江の島の本店よりこちらの方がしらすの量が多いということ!お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は上でご紹介した生しらす丼の写真はテラスモール湘南店のものです。

もちろんバイトの方の盛り付け加減などにもよるのでしょうが、地元の友人にいわせると「絶対にこっちの方が多い!」とのこと。私も最近はこちらでしか食べないので比較できませんが、食べログなどの写真などで見比べても、やはりこちらの方が多い気がします。ただ、しらすの入荷量が少ない時は「生しらす」は本店優先だし、メニューの種類も江の島本店が一番多いので、何を食べたいのかとびっちょのサイトでメニューを確認してからお出かけ下さいね。

季節限定のメニューがあったり、今年ですら去年とメニューが変わっていたりするので、お出かけ前に必ずとびっちょのサイトで最新情報を確認されることをおすすめします。そうそう、とびっちょのサイトからは「しらすパン」がいただけるクーポンがゲットできますよ。

江の島本店、江の島弁財天仲見世通り店でのみ使用可能ですが、とびっちょ特製の「しらすパン」(3個250円分)、これまた本当に美味しいですよー。


というわけで、今回は神奈川県の代名詞(のひとつ?)湘南・江ノ島のグルメ情報をご紹介させていただきました。神奈川県民として地元の魅力をもっと発信していきたいのですが、記事を書く前にまず写真の整理をしなくてはならず、ついつい後回しにしてしまいがちになってしまっています。とほほ。

いつもはふるさと納税を通じて、地方の特産物や風景、そしてそこに住む人々の魅力をご紹介させていただいておりますが、たまにはわが街のふるさと自慢にもおつきあいくださいね。

江の島には猫もたくさんいるし、とびっちょの女将もとーーーってもステキな方です。ぜひ遊びに来て下さいね!(ただし、ゴルデンウィークは夏の海水浴シーズン以上に混雑するので、できればそれ以外のシーズンに・笑)


■ とびっちょホームページ
■ 食べログ情報
とにかくクチコミの数がめちゃくちゃ多いです。やっぱり人気あるんだなー



(*´∀`*) この記事が「面白かった」「役に立った」「生しらす丼食べてみたい!」と思っていただけた方に、これからも応援&記事をシェアしていただけたらとっても嬉しいです。
うちの地元にはこんな美味しい「生しらす丼」があるよという方は、ぜひ教えてくださいね。みんなで地元の魅力を発信していけば、地元もふるさと納税ももっと盛り上がるかも^^

こちらにはたくさんの「ふるさと納税」に関する記事がありますので、興味のある方は応援よろしくお願いします。

≫ふるさと納税ランキング ブログ村
≫ふるさと納税 人気ブログランキング

スポンサーサイト


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


コメント (2)

Re: JACKです♪

> JACKさま

私もとびっちょのことを書いていたら、お腹がぐーぐーなってしまいました^^

この生しらす丼だけは、なぜか年に一度は食べにいきたくなってしまうんですよね。

…というわけで、江の島の近くに住んでいる友人とのランチはほぼココ(テラスモール店)に定着しつつあります。

子どもたちが独立して夕飯の支度を気にしなくてよくなったら、「えぼし」で飲みます。ここも美味しいんですよー。あ、思いだしたらまたお腹が鳴ってきた(笑)
ぷく URL 2015-04-29 18:10

JACKです♪

またまた、罪なぷくさん(笑)♪

海なし県住みの人間には羨ましい限りです。
夕食後だったから良かったものの、
食事前にこんなの読まされた日にゃ~、ぷくさん、
すぐに江ノ島にすっ飛んで行きたくなっちまいますぜ~(笑)
ったく、罪なお方よ♡

(正気に戻って…)このようなふるさと自慢、大歓迎です♪
自分の住む街に愛着を持っているって、素敵なことだと想います。

良いGWをお過ごしください♪
JACK0904 URL 2015-04-28 22:21  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © ふるさと納税を楽しもう ~家族で楽しむふるさと納税体験記&情報ブログ~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。