P1020538.jpg


今年の1月末に茨城県石岡市がふるさと納税が2億円が突破したのを記念して返礼品の増量記念企画を行いました。その時、普段は1万円の寄附で2kgいただける弓豚が、なんと2.4kgに増量になっていたので申込んでみました。

その頃はかなり人気のものでも、秒殺というようなものはなく、一晩様子を見て……なんてことが出来た気がしますが、今のような(例えば都城市のような)人気ぶりだったら我が家は申し込めなかったかも。そんなわけで、遅くなってしまいましたが1月末に申込んだ弓豚のレビューです。

スポンサーサイト


弓豚が届いたのは3月の1週目が終わろうとしている時のことでした。1月の末に申し込んだもののだいぶ人気が殺到してたようなので、届くまでに時間もかかるだろうなぁと思っていた分、意外に早かったと驚いた記憶があります。

日中、だいぶ暖かく感じるようになっては来たけれど、朝と夜はまだ冷える季節だったので「豚しゃぶができるねぇ」と娘と喜んだものでした。

P1450077.jpg
「弓豚」のロゴ入りの箱で到着

P1450079.jpg
パンフレット類とともに弓豚が

P1450082.jpg
なんと600g×4パックも!

普段は1パック500gのところが、記念企画ということで1パック600gに!食べ盛りの子どもたちのいる我が家は大助かりです。ちなみに今年度から石岡市のふるさと納税の返礼品の弓豚しゃぶしゃぶセットは、通常パックが「2.1kg」となっています。

部位は「肩ロース」「モモ」「ロース」「バラ」の四種類。量が多いだけではなく、いろいろな部位が楽しめるというのも嬉しいですね。

冷凍便で届いたので、2パックはそのまま冷凍庫に入れ、残る2パックを冷蔵庫で一晩寝かせて自然解凍しました。翌日はもちろん豚しゃぶです。まずは「ロース」のしゃぶしゃぶ肉から。


P1450131.jpg
「美味しい食べ方のコツ」

P1450097.jpg
「しゃぶしゃぶ~」

P1450100.jpg
野菜もたっぷり

このセットには「弓豚しゃぶしゃぶの美味しい食べ方のコツ」と書かれたものが同封されておりまして、それによると、

肉を高温で加熱すると、タンパク質が凝固して肉の繊維が硬く締まります。
それに伴って旨味を多く含む肉汁が流出しパサパサした食感になります。
少々時間はかかりますが80度前後のお湯で、短時間でしゃぶしゃぶしましょう。
特にモモ肉は脂身が少ない為、加熱時間が長すぎるとパサつきやすいのでご注意ください。

と書かれていました。ふむふむ、なるほど。たっぷりの昆布で出汁をとって、グツグツではなくゆらゆらと水面がゆれる程度のお湯の中に弓豚をくぐらせ、しゃぶしゃぶ。はふはふ、ぱくっ。

★☆☆☆☆>
★★☆☆☆>>
★★★★★>>>>

う・う・うんまーーーーい!

なんということでしょう。
口に入れた瞬間は熱いので当然はふはふ状態なのですが、そこを通り過ぎて噛みしめた瞬間にじゅわわわ~とあふれる肉汁。旨味エキスをたっぷり含んだ弓豚に、出汁と野菜の旨味が重なって、その美味しいこと!!

ロース肉はほどよく脂身もあり、脂の部分がぷりっじゅわっとこれまた美味しくて、またもや美味しい肉は脂も美味しい説が頭によみがえりました。脂自体がサッパリしているというのでしょうか、ほどよいコクとジューシーさが加わるものの、嫌な臭みなどは全然感じません。

豚しゃぶおいしいね!
弓豚っておいしいね!

そんな会話を交わしながらも、みんなでもくもくとを動かし続けました。長男などは、しゃぶしゃぶしている間、食べられないのがもどかしいらしく、肉をじゃぶじゃぶした後はしばらくぷか~と浮かせて、その間にその前に火の通った肉をかっこんでおりました。

P1450099.jpg
しゃぶしゃぶならぬ、じゃぶじゃぶ&ぷか~


結局、この日は1パックだけでは足りず、2パックめ(肩ロース)も半分以上を消費したので、家族5人で1kgちょいの豚肉を食べたことになります。我が家的にはけっこう多い方です。

同封されていたパンフレットによると、「弓豚」というのは弓野畜産の「弓野兄弟」が育てている豚だとありました。弓豚の名前の由縁はここにあったのですね。

石岡市の自然豊かな環境の中、ミネラル豊富な地下水を使って家族のように育てられている「弓豚」。弓野兄弟の農場は、厳しい基準をクリアした認定農場で、その徹底した防疫管理の中で育てられた豚は「SPF(Specific Pathogen Free)ポーク」というのだそう。これは衛生管理を徹底した環境で飼育することで、あらかじめ指定された病原体を持っていない豚ということなんですって。

日本SPF豚協会によると、健康な親から生れた健康な豚を優良な環境で飼育することで、使用する薬やワクチンの量を一般より少なく済ますことができるだけでなく、健康に育った豚は筋肉の細胞膜がしっかりしているため、肉汁をたっぷり含んだジューシーな肉に育つのだとか。

たしかに弓豚を食べた時のじゅわじゅわじゅわーーーーっとくるジューシーな美味しさは格別でした。

しゃぶしゃぶをした後も、キャベツや玉ねぎなどたくさんの野菜の上に乗せて蒸して食べたり、里いもやごぼうと一緒に炊き合わせてみましたが、肉の美味しさもさることながら他の素材との相性も抜群で、とってもおいしくいただきました。

P1450192_20150429160803818.jpg
野菜など他の素材との相性もばっちり!


暑くなってきた今の時期なら、さっとゆでて豚しゃぶサラダもいいですね。(もちろんゆで汁はスープに!)

そうそう、同封されていた観光パンフレットは広げると新聞見開き1ページ分くらいのかなり大きなものでして、片面が地図、もう片面が観光スポットの紹介となっていました。食後に子どもたちと一緒にプチ旅行気分で楽しませていただきました。

P1020540.jpg
見どころ情報がたっぷりの観光パンフレット

P1020541.jpg
こちらは弓豚を飼育されている弓野兄弟(弓豚のパンフレットより)


昨年度のふるさと納税の申込みは2万件以上(寄付金額は約2億3千万円)という石岡市は、茨城県でもダントツの申込みを誇るといいます。今月16日にリニューアルされたふるさと納税は、品目数も105品(昨年度は59品)に増え、人気のぶどうや柿などは早くも品切れになっています。

「福丸」という茨城で生まれたお米2kg ×2袋が追加された「 つくば山麓厳選ふくまる19㎏」なども即日品切れとなっていましたよ。「一時休止」となっているので、もしかしたら再開するのかな?

2013年にデビューした「福丸(ふくまる)」は、大粒で粘りがあり、冷めてもおいしいことから最初は業務用として販売されていたようなのですが、去年あたりから家庭用にも販売されるようになったと記憶しています。 お米大好きな我が家としては、ぜひ一度は食べてみたいと注目しているお米です。

今年は、旧八郷町、旧石岡市の対等合併による新石岡市の誕生から10周年とのこともあり、「シティプロモーション」の一環としてのふるさと納税にも、いっそう力を入れていきたいという石岡市の特産品一覧は、見ているだけでも楽しいですよ。下記にリンクを貼っておきますね。

石岡市のみなさん、そして弓野畜産のみなさん、美味しい弓豚をごちそうさまでした♪

参考:ふるさと納税1万円で「やさとのお米(玄米)30kg」「弓豚しゃぶしゃぶ用2.4kg」@茨城県石岡市の記念企画がすごすぎる!


■ 石岡市ホームページ(特産品一覧)
■ 弓豚しゃぶしゃぶ用2.4kg(石岡市ふるさとづくり寄附金2億円達成記念 限定1000)
■ 内容
モモ  600g
バラ  600g
ロース 600g
肩ロース600g
合計 2.4kg
弓豚は,弓野畜産のみで育てられている希少価値の高い銘柄豚です。
肉質が柔らかく,締りがあって程よい甘みも兼ね備えている良質な豚肉をご賞味下さい。
※しゃぶしゃぶ用のスライスでお送りいたします。
■ 提供元 … ㈲弓野畜産
■ 寄附金額 … 1万円
■ 申し込み … 石岡市の専用フォームより申し込み
■ 支払方法 … ①郵便振替、②銀行口座への振込み、③現金書留
■ 寄附金の納付から到着まで … 38日


(*´∀`*) この記事が「面白かった」「役に立った」「豚しゃぶいいねぇ」と思っていただけた方に、これからも応援&記事をシェアしていただけたらとっても嬉しいです。
日本にはまだまだ知られざる地方の魅力がたくさんある!……そう考えるだけで、なんだかわくわくしてきちゃいますね。

こちらにはたくさんの「ふるさと納税」に関する記事がありますので、興味のある方は応援よろしくお願いします。

≫ふるさと納税ランキング ブログ村
≫ふるさと納税 人気ブログランキング

スポンサーサイト


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました