9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s.jpg


ふるさと納税を申し込む時は、大抵はどのようなお礼の品が届くのかを事前にリサーチして、返礼品の内容に納得してから申し込む方が多いと思うのですが、実際に届くまで何が届くのかわからないというのも、福袋のようなお楽しみ感があってわくわくするるものですね。「特産品の詰め合わせ」「旬の農産物」などはさまざまな自治体で用意されていますが、寄附をした人のために「市長が選ぶ本」というのは和歌山県有田市(ありだし)だけではないでしょうか。

読書家で知られる望月良男市長が我が家のためにどんな本を選んでくださるのかもわくわくするし、自分達のためにお忙しい市長がわざわざ本を選んでださるなんてめったに出来ない経験にドキドキするよねぇなんて家族で話しながら申込んだのが今年の2月のことでした。


スポンサーサイト


有田市へのふるさと納税は少々手間がかかりまして、まずは市のホームページから申込書をダウンロードして、必要事項を記入の上、メール・FAX・郵送などで市の担当者まで送ります。すると、数日後に納付書が届くので、それを使って入金する……という流れは了解していたのですが、実際に届いた納付書を見て「???」。

今まで見たことのない書式の用紙で、それでも一応振込用紙のようなので半信半疑ながら最寄りの郵便局へ持って行ったところ、「この用紙はお取扱いできません」とのこと。ならば銀行に行けば大丈夫なのか尋ねたところ、「恐らく銀行でも同じことだと思います」。 万事休す。

恐らくその振込用紙は和歌山県の金融機関では普通に使われているのだろうけれど、神奈川県では取り扱いができないらしく、銀行でもやはり無理だと言われてしまいました。(こういうこともあるのですね。)ATMもネットバンキングも使えないようなので、有田市役所に問い合わせたところ、担当職員の方が非常に丁寧に対応してくださいました。(その節はお忙しい中、本当にありがとうございました。)

結局、口座番号をお知らせするか現金書留用の封筒を送りましょうと言っていただき、休み時間に振込みの手続きで窓口に並ぶ余裕があるか微妙だったため(年度末で仕事がかなり忙しい時期だった上、しかも銀行は遠いので)、現金書留の封筒があれば事前に宛名や差出人など必要事項を書いておけば、比較的手続きも早く済むかなという軽い気持ちで書留用の封筒を送っていただくことにしたのですが、送られてきた封筒を見てびっくり!

なんと送っていただいた封筒には切手まで貼られていたのでした。お忙しい中、手間も経費もおかけしてしまいひたすら恐縮でした。(来年もふるさと納税させていただきます!!)

また、その時に電話で少しお話しさせていただいたのですが、この「市長のお薦め本」というのはいくらネットで調べても、ユニークな返礼品として紹介する記事はあっても、実際に届いたという書き込みは見つけられなかったので、実際に申し込みがあるのか尋ねてみたところ、「若干あります」とのことでした。
※最近は、テレビの「バイキング」という番組で芸人が「市長おすすめの本」を申込んで取り上げられたそうですよ。


そのなかの一つとして加わったのが、市長のお薦め本。読書家という望月良男市長が小説や自己啓発本など、寄付者の年齢や性別を考慮して、その人に合った3冊を選出。市長のコメントを添えて贈呈するという。望月市長は「遊び心で入れてみた」と苦笑まじりに話した。

返礼品の種類が増えたことで、昨年4月~12月の寄付総額は約624万円(402件)で、前年度の5倍以上に増加した。ミカンについては発送が収穫時期の11月~12月上旬に限られ、数量限定ということもあり、「今年の分は早々に終了した」(市総務課)とうれしい悲鳴をあげる。

引用元:有田市がふるさと納税ユニーク返礼品「市長のお薦め本」 - 産経ニュース 2015.2.3


また、現在はクレジッット払いやATM(取扱い銀行による)に対応していなかったりと、手間も時間もかかってしまう手続きですが、改善する予定とのこと。そうなったらますますふるさと納税の申込が増えるかもしれませんね。


そんなこんなで、なんとか寄附金の支払いを済ませることができ、どんな本が届くのかを楽しみに待つこと21日。
(申し込み時に主人が最近自分と私が読んだ本、自分がどんな本をよく読むか、そして3冊のうち1冊は子どもたちも読める本を希望したいというリクエストを添えさせていただきました。)


P1450222.jpg
ついに到着!本3冊分だけあって、ずっしりしています

P1450226.jpg
本3冊と望月市長からのメッセージ

本3冊というのはやっぱり嬉しいですね!
私がこどもの頃は近所の本屋さんが定期購読している雑誌などを配達をしてくれていて、毎月母が子ども達のために本を買ってくれていました。最初は「ファーブル昆虫記」、次は「シートン動物記」。その後は本屋さんのすすめで名前は忘れてしまったけれど、小学生低学年は赤、中学年は黄色(黄土色?)、高学年は緑を基本にした装丁(もしかしたら中学年と高学年は色が逆だったかも?)のこどもを対象にした文庫シリーズ。

その文庫シリーズは中学年の途中あたりから届けてもらっていたと思うのですが、外国文学あり、日本文学ありで、自分では絶対に読まない(見つけられなかった)作品などがあったり、はたまたどうしても物語の世界に入り込めず、何度も挫折しそうになりながら半分強制的に読み進めるうちに後半からがぜん面白くなって大好きになってしまった作品があったりで、それ以来、私にとって人に本を選んでもらうということが特別な意味をもつようになりました。

学生時代までは、やはり本が好きな友人が「これだけは絶対に読んだ方がいい!」という本のリストを作ってくれたり、貸してくれたりしていたので、自然といろいろな世界や価値観に触れることができていた気がしますが、それ以来そのような経験はしていないような気がします。なんだかすごく損してきたような気がしてきました。。。

主人は主人で、普段は自分が読みたい本を図書館で借りたり古本屋で買ったりしていますが、ビジネス書というのでしょうか?経営に関する本などが多い気がします。私とは逆に、基本的に人に選んでもらったりせず自分のアンテナを頼りに読みたい本を探し、出会ってきているような。

そして問題なのが子ども達。上の子が小学4年で少年野球を始めるまでは、マンガもよく読みましたが図書館で借りてきた本など周りの子と比べてもかなりの読書量があったはずなのに、今ではスマホとゲームばっかりでサッパリです。そんな子ども達に望月市長がどんな本を選んでくださるのか……実は一番興味がありました。


……というわけで、望月市長が我が家のために選んでくださった3冊の本をご紹介したいと思います!


3冊ともどれも読んだことにない本です。というか、やっぱり人に選んでもらう本というのは新鮮というか、新しい世界が拓ける感じがして嬉しいものですね!望月市長からのメッセージは2枚あり、2枚目にそれぞれの本に対する「おすすめポイント」が書かれていました。


本の中にある「決断より大事なことは、決断したことを英断にする努力である」というフレーズが望月市長の大好きなことばだそうです。パティシエとしての鎧塚氏も有名ですが、2009年に川島なお美さんと結婚されたこと、そして今は網膜の病気により左目の視力がほぼない状態ながらも頑張られていることでも有名な方ですね。(実は私が鎧塚さんのことを知ったのは、川島なお美さんの結婚相手としてでした。)

この言葉の中にこの本の肝があると考えており、自らの歩んでいる道を見つめ直し、努力の大切さに気付づかせてくれます。この本の著者である鎧塚氏は有田みかんを広めるため、尽力していただいている、いわば有田市のパートナーです。そんな鎧塚氏の熱い思いのこもった一冊をぜひ読んでみてください。(市長のおすすめポイントより)

鎧塚氏が神奈川県の小田原市に「一夜城 ヨロイヅカファーム」をオープンされたことは知っていましたが、2012年に渋谷ヒカリエに地方自治体と一体になった「おらが町の自慢の素材と人材でおいしいスイーツを!」をコンセプトにした「Yoroizuka Farm Tokyo(ヨロイヅカファーム トーキョー)」をオープンされたことは流行に疎い私は知りませんでした。

渋谷から全国の農家、生産者の方々の取り組みを発信するという「ヨロイヅカファーム トーキョー(渋谷ヒカリエ)では、都内にいながらにして全国のご当地名物に出会う事が出来るそうですよ。

調べてみたら、「有田バウム(和歌山スイーツ)」という商品があることがわかりました。「温州みかん」「湯浅醤油」などを使った5種類の味があるそうで、なんと醤油の発祥地は和歌山県有田郡湯浅町なのだとか!望月市長がおっしゃる「有田みかんを広めるために尽力を」というのは、こちらの商品のことなのかどうかはわかりませんが、こちらのショップには有田みかんの他にも、他の地域の特産品がいろいろと使われているようです。

生産者の方々にとっても、自分達が育てた野菜や果物、そして懸命に考え出したお菓子が、東京・渋谷の最先端のスポットで披露され、多くのお客様に食べてもらえるということが大いに刺激となり、新たな生産意欲に結びついているそうです。日本の農業に一石を投じる新たな業態のスイーツショップとして、今後ますます、注目を集めそうです。

引用元:3/3 ヨロイヅカファーム トーキョー(渋谷ヒカリエ) [スイーツ・デザート] All About


東横線の終点が渋谷でなくなってからすっかり渋谷がわからなくなってしまった私ですが、ヒカリエならなんとか行けそうです。今度渋谷に行く機会があれば(って、一昨日に通ったばかりだけれど)探してみたいと思います。

温和そうな笑顔で、眼の病気のこともニコニコ楽しそうに(決して楽しいわけではないと思うのですが)話される鎧塚氏のことは存じ上げていましたが、こんな風に有田市とコラボした商品を開発されていることや、全国の自治体とのコラボを行っていらっしゃることなどはこの本ではじめて知りました。そして何より、ここまでストイックにお菓子のことを考えて修行を積み、人間として強い方だったことに驚き、感服しました。

一冊目のこの本で、早くも何枚ものウロコが目からぽろぽろ落ちてしまいました。


ちょっと長くなってしまいそうなので、残る2冊(これがまたいい本なので)は、後編でご紹介したいと思います。(*'-')o(*,",)oペコリ
参考:「有田市長お薦め本3冊」@和歌山県有田市を申込んでみようと思っています→申し込みました


関連ランキング:ケーキ | 渋谷駅神泉駅表参道駅



■ 「有田市長お薦め本3冊」
ヘビーな読書家でもある望月良男有田市長。有田市長が今お薦めする本をあなたに!!
※本は届いてからのお楽しみです。
■ 有田市役所のホームページ
■ 寄附金額 … 1万円
■ 到着まで … 寄附金の納入から21日
■ 申し込み先 … 有田市のホームページより申込書をダウンロードして、郵送、FAX、メールで。
■ 支払方法 … 現金書留、口座振込
※ 申込書受領後、有田市役所から書面にて口座番号をお知らせいたします。
※ 最寄りの金融機関より、お知らせした口座番号へ振り込んでください。
※ 振込手数料については、誠に恐縮ですが、寄付をされる方の負担とさせて頂きます。
※ なお、別段預金になるため、取り扱い銀行によっては、ATMより振込ができない場合 があります。
※ また、インターネットバンキングは対応しておりません。


(*´∀`*) 最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が「役に立った」「面白かった」「本が読みたくなった」なんて思っていただけた方に応援&記事をシェアしていただけたらとっても嬉しいです。

こちらにはたくさんの「ふるさと納税」に関する記事がありますので、興味のある方は応援よろしくお願いします。

≫ふるさと納税ランキング ブログ村
≫ふるさと納税 人気ブログランキング



スポンサーサイト


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました