• ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 「陸前高田がんばっぺし応援寄附金(ふるさと納税)」@岩手県陸前高田市の受付が始まりました!
  • ホーム
  • »
  • »
  • 復興支援
  • »
  • 「陸前高田がんばっぺし応援寄附金(ふるさと納税)」@岩手県陸前高田市の受付が始まりました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


「陸前高田がんばっぺし応援寄附金(ふるさと納税)」@岩手県陸前高田市の受付が始まりました!


644214_283758361762026_281468851_n.jpg


陸前高田市が2011年の東日本大震災以来休止していたふるさと納税の受付を2015年7月1日より再開しました!

今年の5月に、陸前高田市がふるさと納税再開へ向けて返礼品用の特産品を地元の企業から募集しているという記事を読んで以来、陰ながらこの日を楽しみにしていたのですが、ついにその内容が「陸前高田市 ふるさと納税サイト(たかふる)」及び「ふるさとチョイス」で明らかになりました。(「たかふる」のサイトは先月末より閲覧可能となっていました。)

特産物の数はなんと76品目!ウニや海藻、ホタテ、三陸産かつおのたたきなどの海の幸から、お米、ステーキ、お菓子から伝統工芸品に食事券など多岐にわたっています。5年ぶりの再開にあたって、戸羽太市長は「生産者・事業者にとっても、全国の皆様に特産品等を知っていただくチャンスであると同時に、これまでご支援いただいた方々への想いに応えることにつながります」と、」意気込みを語っています。

というわけで、早速、陸前高田市のふるさと納税について調べてみました。

スポンサーサイト


東日本大震災では津波によって市内の半数以上の世帯がほぼ全壊という被害を受け、地震による被害とあわせると全世帯の99.6%が被害を受けたという陸前高田市。死者行方不明者は人口の約1割にあたる1780人にのぼり、岩手県内最多となっています。新聞やニュースで見た震災直後のがれきの山に言葉を失った方も多いと思いますが、そのような状況の中から一歩ずつ復興へ向って歩み続けてきました。

まず2011年5月には200年以上の歴史をもつ「けせん朝市」が復活したといいます。そして夏には市街地から500mほど内陸に入った竹駒町にプレハブの商店が誕生し、続いてコンビニやスーパーができると、少しずつその周りに商店が集まってきたとのこと。


ストリートビューの画像は2015年1月もの。方位磁石のイラストをクリックするか、
画像をクリックしながらスライドするとズームしたり全方位の風景をみることができます


奇跡の一本松(後方の建物は一本松と一緒に震災遺構として整備される予定の倒壊したユースホステル)も、2013年7月に保存事業は終了していますが、周り(というか頭上)は縦横無尽に造られたベルトコンベアだらけで近未来のような風景が広がっているそうです。(この画像はそのベルトコンベアの上から撮影したもの。)

山々を背にして三陸海岸沿いの平地に開けた陸前高田市は、津波により街の大半が壊滅的な被害を受けました……というより、陸前高田市出身の知人の言葉を借りれば、「街ごと流されて何もなくなってしまった」とのこと。

そのため、同市では高台を削って市街地を11メートルほどかさ上げする工事が始まっています。工期を短縮するために、このベルトコンベアを使って1日2万平方メートルもの土砂が運ばれるそうです。2万平方メートルといわれてもちょっと想像つきませんが、10トントラック4千台分とのことです。……って、とにかくすごい量ということはわかっても、やはりピンときませんね。


切り崩す高台側(今泉地区)から陸前高田市街地を見たところ
今はもうこの部分も切り崩されて、このように市街地を見下ろすことはできなくなっているそうです


予定では今年の5月には土砂の運び出しは終了しているはずだったようですが、工事が遅れているためベルトコンベアの撤去は今年の秋頃になる予定とのことなので、夏休みに奇跡の一本松を訪れる予定の方はこの近未来的な景色を見ることが出来るかもしれませんね。

ちなみに、陸前高田市への公共交通機関は震災で駅も線路も流され列車はいまだに不通のため、JR大船渡線気仙沼駅~陸前高田駅~大船渡の盛駅間はBRTというバスでの代行輸送を行っているそうです。そう聞くと、「やっぱり復興なんて全然進んでいないんじゃないの」と思ってしまいますが、現在の陸前高田市には銀行やホームセンターや飲食店から携帯ショップやドラッグストア、学習塾に図書館までさまざまな商店や施設が誕生しているとのこと。

http://www.fukkomap.net/Map

陸前高田復幸マップ via kwout

「復興」ではなく、「復幸」というのがいいですね
(この「陸前高田復幸マップ」はiosアプリでダウンロードすることもできます


震災から5年目を迎え、ようやく「全国の皆様に陸前高田市で生産された特産品等をお礼品としてお届けできるようになった(戸羽市長)」とのことで、ふるさと納税が再開したといいます。ここへ至るまでの道のりを思うと、「よかったですね」なんて軽々しく言えない思いもあるのですが、あえて言わせていただきます。

陸前高田市のみなさん、本当によかった!私も嬉しいです!!早速、ふるさと納税の申込をさせていただきます!!!


というわけで、前置きが長くなってしまいましたが、陸前高田市のふるさと納税のお礼の品として用意された特産品をご紹介したいと思います。……といっても、なんせ76品目もあるのですべてはとても紹介しきれません。しかも、5千円の寄附からいただけるなんとも魅力的な特産品がズラリと並んでいるのでわが家でもこれから厳密な絞り込み会議に入るところではありますが、ぱっと見て気になった物からご紹介させていただきますね。じっくり見ると、どれも甲乙つけがたくなってしまうので……。
※画像はすべて「ふるさとチョイス」よりお借りしました。

魚屋大ちゃんにおまかせ 魚介類詰め合わせセット
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/03210



■寄付金額 … 5000円~ 
■陸前高田の地元で食される魚、ちょっと珍しい魚などの詰め合わせ
※ご希望があれば、下処理も承ります。
■内容と量 … 水揚げの状況による
※魚種の指定はできません
■消費期限 … 出荷日を含めて4日以内(冷蔵便)
※基本的に期日指定はなし
■提供元 … 村上食品

見てください、この魚屋大ちゃんの笑顔!もうこの笑顔だけで、おいしい魚介セットが届くに違いないと思っちゃうのは私だけではないはず。

漁業が盛んな陸前高田市には、なんと魚市場がないのだとか。そこでスーパーバイヤー(?)魚屋大ちゃんの出番です!陸前高田で生まれ育った大ちゃんならではの目利きで、水揚げを見て「これはいい!」と思ったものを詰め合わせて送ってくれるそうです。寄付金額によって内容や量も変わってくるそうなので、これは楽しみですねー。

しかも下処理をしてくれるというのだから、主婦には大助かり。魚によってはぬめりがあったり、うろこが固かったりと、下処理といえども侮れないのが尾頭付きの魚。届いてすぐ調理に入れると言うのは、忙しい主婦にはかなりポイント高いと思います。

ちなみに提供元の村上食品は、震災後に新たに陸前高田にオープンしたという魚屋さん。地元の新鮮な魚介類にこだわって、スーパーなどには置いてない珍しい魚や、高級魚なのに地元ではあまり見向きされていないものなども仕入れているとのことなので、陸前高田へ行くことがあれば、ぜひ訪れてみたいですね!


三陸沿岸の新鮮な魚たちを粕漬けに「うんみゃがすと」
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/03210



■寄付金額 … 5000円~ 
■三陸沿岸の新鮮な魚たちを、気仙地方の酔仙酒造(株)「特別純米酒多賀多」の酒粕と(株)八木澤商店「おらほの味噌」を使った「味噌酒粕」につけ込んだ【うんみゃがすとシリーズ】です。
■商品内容 … イカ210g×1袋、ブリ90g×1袋、タラ90g×1袋、サケ90g×2袋
■消費期限 … 90日(冷凍)
■提供元 … 衆栄商事(株) 三陸けせん家

もう、この「うんみゃがすと(美味しいですよ)」というネーミングだけでご飯3杯くらいいけそうです。三陸沿岸の新鮮な魚を地元の酔仙酒造の酒粕、八木澤商店の味噌で仕込んでいるのだから美味しくないわけがありません!(キッパリ)

酔仙酒造は気仙を代表する酒造でしたが、震災で蔵も倉庫もすべて流されるという壊滅的な被害を受けました。しかし「震災前にあった日常を出来ることから取り戻す」という社長の決意のもと、一致団結して復興に取り組みます。酒造りをするための蔵を貸してくれたのは、県内の同業者としてライバル会社であった岩手銘醸。震災後、わずか半年で新しいお酒の醸造をはじめたというのだから驚きです。「日常をと戻すということは、伝統を繋ぐこと」という言葉が胸に響きました。

提供元の衆栄商事(株) 三陸けせん家はもともとはガソリンスタンドを営んでいましたが震災で閉業に追い込まれてしまいます。先代の「水産業に寄与したい」という意思を継いだ二代目田村満氏が試行錯誤しながら行き着いたのが、世界三大漁場の一つである三陸沖の新鮮な食材を集めて加工する専門会社として再スタートすること。三陸気仙の素材にこだわって開発した第一弾の商品がこの「うんみゃがすと」。記念すべきこの商品をふるさと納税で知って、ファンが増えるといいですね。

しかも、レシピの開発者は盛岡市の「メグミキッチンスタジオ」で岩手県の食材を使った料理や製菓で活躍中の小野寺惠さん。岩手の食材を知り尽くした小野寺さんならではの、素材の旨味を引き出す魔法のレシピです。復興にかける熱い思いのこもったこの「うんみゃがすと」、ぜひ味わってみたいと思いませんか?


陸前高田市ブランド米「たかたのゆめ」
http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/03210

■寄付金額 … 5000円~
■「たかたのゆめ」白米
※東日本大震災で壊滅的なダメージを受けた岩手県陸前高田市の基幹産業である農業の復興の2012年よりスタートした地域ブランド米です。
■内容量 … ①5kg(寄付金額5000円~)、②10kg(寄付金額1万1円~)など金額に応じて

「たかたのゆめ」は日本で唯一、陸前高田市だけで作られているお米です。震災後、瓦礫に埋もれ海水に浸った陸前高田の地では不可能に近いのではと言われていた農業復興ですが、「被災地みんなで夢を追いかけ、夢を乗せ、期待を乗せた」という思いを込めて「たかたのゆめ」と名付けられたこのお米で復興への一歩を踏み出しました。

もともとはJT(日本たばこ産業株式会社)が「いわた13号」という品種名称で開発・保有していた種なのだそうですが、復興支援の一環として、権利も含めて2012年に2.5kgの種籾とともに陸前高田市へ寄贈したものなのだとか。このような支援方法もあったのですね。粋だなぁ、JT。

病気に強いため低農薬で栽培できる上、東北の気候に適した品種の「たかたのゆめ」は、2013年に市内の12の農家が復旧田にて本格的に栽培を開始して30トン、2014年には24の農家により260トンの収穫を実現しました。今、陸前高田市にふるさと納税をすれば、この2014年産の「たかたのゆめ」がいただけるというわけですね。

大粒でもっちりとした食感の「たかたのゆめ」は、炊き立てはもちろんのこと冷めても美味しいと評判で、あらゆる具材との相性もいいことから、今年の3月に「おにぎり協会」より認定食材第一号に選ばれたとのこと。ご飯大好き一家のわが家としては、これはもう食べてみないではいられません!!

ちょうどお米を買い足す時期だったので、楽天で最安値だったこちらのショップから購入してみました。商品が到着したら、また報告しますね。新しいお米だけあって、販売店も少ないようですよ。
参考:送料無料・岩手県陸前高田産「たかたのゆめ」10kg


まだまだ気になる特産品はたくさんあるのですが、長くなるので後編につづきます。その前にもうひとつだけ。実は、陸前高田市のふるさと納税は、厳しい状況の中で立ち上がった地元企業による特産品であると同時に、返礼品を各店舗や事業所から回収する作業はシルバー人材センター、発送作業は市内の福祉作業施設等に委託することで、高齢者や障がいを持っている方々の所得向上や就労支援を図るという狙いもあるそうです。

陸前高田市のふるさと納税「がんばっぺし応援寄附金」の「がんばっぺし」という言葉には、「一緒にがんばろう!」という意味があるのだとか。今回、この記事を書きながら陸前高田のみなさんのがんばる姿に、何度もうるっと来ては勇気づけられた私。応援するつもりが、逆にたくさんのパワーをいただきました。

「頑張る」という言葉は「顔晴る」と書き表すこともできるそうですね。みんなの顔が晴れるように努力するとか、晴れやかな顔で一生懸命取り組むという意味があるそうで、そんなことを思い出しながらこの「がんばっぺし!」という言葉にふれたので、一層ぐっときました。公私共々忙しく、更新が滞りがちな最近ですが気持ちはいつでも「がんばっぺし!」でいきたいと思います。


■ 岩手県陸前高田市(りくぜんたかたし)のホームページ
■ 陸前高田市 ふるさと納税サイト「たかふる」
※こちらのサイトではそれぞれの特産品にまつわるエピソードや詳しい情報をみることができます。
■ 寄付金額 
①5,000~10,000円
②10,001~30,000円
③30,001~50,000円
④50,001円~
■ 支払方法 … クレジット、銀行振込、納付書(ゆうちょ)、現金書留
■ 申し込み … 陸前高田市 ふるさと納税サイト「たかふる」より申込書をダウンロード、ふるさとチョイス

本当は1日にアップするつもりだったのですが、陸前高田市の様子をいろいろ知るたびにいろいろなことを考えさせられてしまい日付が変わってしまいました。相変わらず書くのが遅い私です。とほほ。


(*´∀`*) この記事が「面白かった」「役に立った」と思っていただけた方に、これからも応援&記事をシェアしていただけたらとっても嬉しいです。
ふるさと納税を通じて陸前高田市の魅力が全国に広まるといいですね。

全国地域情報 ブログランキング
ふるさと納税 人気ブログランキング



スポンサーサイト


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


コメント (3)

Re: No title

> つっちーさま

返信遅れてすみません。

たかたのゆめ、美味しかったですよ!

多分、新米だったらもっと美味しいはず。(と思い、またリピする予定です。)

「お米には一粒一粒に作った人の思いがこもっている」
という言葉が身にしみました。


ぷく URL 2015-09-28 22:53

No title

ぷくさんこんばんは!
先日陸前高田の復興応援隊と会いました。あれだけの被害を受けたので復興は時間が掛かっているようですね。こうしてふるさと納税に登場してくるのは嬉しいです。たかたのゆめ食べてみたいなあ^^
つっちー URL 2015-07-08 20:10

No title

更新待ってました!
いつも丁寧な内容に感謝しながら楽しく読ませていただいています。
無理のないペースての更新楽しみにしています。
ふるさと大好き URL 2015-07-02 21:11

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © ふるさと納税を楽しもう ~家族で楽しむふるさと納税体験記&情報ブログ~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。