14 06 26_83000のコピー


今年の夏は本当に暑かったですね。エアコンが苦手な私は、猛暑の中でも基本的に扇風機で過ごすのですが、さすがに今年はそうもいかず、家族がそろい出す夕方以降はかなりの頻度でエアコンのお世話になりました。いやあ、本当に暑かった。

猛暑の時期は体温調節だけでなく、熱中症や食あたりも注意が必要ですね。そんなわけでこの時期にわが家で大活躍するのが「梅干」。そう、昔ながらの酸っぱくてしょっぱい、あの梅干しです。

和歌山県田辺市に1万円のふるさと納税をしていただける梅干は、還元率がめちゃくちゃ高い返礼品として有名ですね。
参考記事: 「紀州田辺産 南高梅の白干し梅樽(7kg)」@和歌山県田辺市が素晴らしすぎて泣ける

でも、実際に7kgの梅干というのはかなりの量です。気になるけれど、「7kgってどんな感じ?」「実際に家庭で消費できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

スポンサーサイト


もともと梅干が大好きな我が家では、日々の食卓だけではなく、子ども達のお弁当やはちみつ漬けにしてちょっとしたお茶請けにと大活躍。お弁当にふりかける「ゆかり」が好きだった娘のために、赤紫蘇入りの梅干しをつ2011年までは自分で梅干を作っていました。でも、私自身、本当は赤紫蘇の入っていない「白梅干し」の方が酸味がまろやかで好きなのです。

それと漬けた年の梅干もさっぱりしていて好きなのですが、年数を経て塩がこなれて熟成してきた梅干もこれまた美味しいのをご存知でしょうか?昔、テレビで150年ものの梅干しなるものを紹介していましたが、塩分20%以上の梅干しは保存状態がよければ何年でももつそうですよ。

ということは、保存状態がよければ塩分20%の田辺市の白干し梅はかなりの年数もつのかな?店で買おうとするとかなりいいお値段の紀州の梅干し7kgの存在がずっと気になりつつも、梅干の在庫がたっぷりある我が家にはまだ当分の間はご縁がないだろうなぁと思っていたところ、思いがけず長男からのリクエストがありまして晴れて申し込みの運びとなりました。

……というわけで、届いた田辺市の白干し梅のご紹介です!


P1450117_2015092900204453f.jpg
届いた梅干の樽
(左は恒例の500mlのペットボトル、右は4年前に4kgの梅で作った梅干の入れ物)


P1450118_201509290020450d3.jpg
梅の樽を上から見ると、可愛い梅の花が


P1450120.jpg
小分け用(おすそ分け用)のタッパーが2つついています


P1450122.jpg
レシピ集(大・小)


P1450124.jpg
梅商品カタログ



配達の方から受け取った梅樽はずっしりと重く、7kgの存在感が伝わってきます。最初から小分けすることを前提に至れり尽くせりの備品も同梱されているので、到着してすぐにおすそ分けすることも可能です。カタログには梅商品が満載で、見ているだけで楽しい!梅酒にもこんなに種類があるんだとちょっと感動します。

私が気になったのは、「一梅千日」という糖類を使っていない梅酒。市販の梅酒はどうも甘すぎるので、家で梅酒を漬ける時は砂糖を控えめにするのですが、そうはいっても一定以上の砂糖を入れないと逆に梅のエキスが出ないというか、なんか薄っぺらい味になってしまったことがあります。

無糖で作れるのは、梅処・紀州ならではの知恵と技の賜物なんでしょうね。うーん、気になる!……って、脱線している場合じゃないですね。


P1450134.jpg
樽の蓋をあけてみると、こんな感じ


P1450136.jpg
横から見てみました(下の箱が重みでつぶれました)


P1450144.jpg
いざ、開封!


P1450147.jpg
アップで!



いやもう、多分これを見ている方も生唾じわりではないでしょうか。実際には、樽の蓋をあけた瞬間から梅の香がふわっとしてきて、ビニール袋を開けたもんならもう口の中があふれる生唾で、「ああ、一刻も早くお味見したい!!」状態です。

はやる心をおさえつつ見てみると、一粒一粒が大きくしっかりしていて、これぞ高級梅というオーラを放っています。


P1050941.jpg
盛り付けてみました



照明の関係で梅の色が全然違って見えますが、ほんのりピンクがかったふっくらとした白梅干しは見ているだけでよだれうっとりとしてしまいます。そしてお箸でつまむだけで、へたすると破れてしまうくらいデリケートな一粒一粒丹精込めて作られたことが伝わってくる仕上がりです。

実はこの写真を撮る時に、最初はお箸を使ってビニール袋から取り出そうとしたのですが、皮が破けてしまったのでそっと指でつまんで取りました。それくらいふっくら柔らかな仕上がりの梅です。

粒の大きさはほぼそろっているのですが、盛り付け方次第で直径は3~4cmと、さすが4Lサイズの梅の貫録です。これを一度に一粒食べるのは、よっぽどの梅干好きでないと厳しいのではないでしょうか。もちろん毎日1粒食べ続けた場合の塩分も気になってきます。

……というわけで、我が家では食べやすいよう梅の種を取り除いて、身の部分を軽く包丁でたたいたものを別容器に入れてストックしています。


P1450160.jpg
こんな感じ


あらかじめ小さくしておくとお弁当にも使いやすいし、食卓でも小さなスプーンを添えて出せば梅が箸で汚れることなく、子ども達が小腹がすいた時におにぎりの具にしたり、温かいうどんやそばにちょんと乗せたり、炒めものや煮物の隠し味につかったりと俄然使いやすくなりますよ。これだけの量があると、もう惜しみなく思い立った時にぱっと使えるようにしておくだけでも違ってくる気がします。(我が家がみんな面倒くさがりなだけかもしれません。)

ちなみにお味の方はというと、一言でいえば昔ながらの酸っぱい梅干です。というか、この一言に尽きます。減塩ブームの今は塩分7%、8%の梅干しが人気のようですが、塩分20%だからといって特別しょっぱいという訳ではないのでその点は心配無用だと思います。ちなみに可食部100gあたりの食円相当量は22gとなっていました。ざっと計ってみたところ、1粒あたり種を含めて27~32gの物が多かったので、やはり1日1粒も食べてしまうとその他の食事と併せて考えると塩分過多になってしまうかもしれませんね。

※1日の塩分摂取量の目安は成人男性9.0g/日未満、成人女性7.5g/(2015年4月 厚生労働省)

原材料は、「梅、漬け原材料(食塩)」となっています。最近、店頭で売られている梅干の多くに「調味料(アミノ酸等)、酒精、甘味料(スクラロース)、野菜色素、ビタミンB1」「要冷蔵」といった表示がある中、やはり昔ながらの方法で国産の梅と塩だけで作られた梅干は安心感が違いますね。

賞味期限は到着日の約11カ月後となっていたので、塩分20%だからといって何年ももつとは過信しない方がいいかもしれません。もちろん、保存方法によると思うのでそのあたりは各家庭での自己責任というところでしょうか。我が家では1年くらいでちょうど消費するのでは?というペースで美味しくいただいています。

P1450158.jpg
種はまとめてストック


15 03 07_65980
小分け用のタッパーに入ったのは12個



我が家では、梅干の種も大活躍!ご飯を炊く時や、煮物を作る時に一粒忍ばせておけばほのかな酸味に食が進むし、暑い夏は防腐剤代わりになります。特に子どものお弁当用にご飯にはぜひ!(ご飯の味は殆ど変わりません。というか、誰も気付きません。)

鰯の梅干し煮などは丸ごとの梅を入れても美味しいですね。加熱した梅干は酸味が飛んで、なおかつ煮物のの味がしみ込んでいて、ご飯が何倍も進んでしまうような恐ろしい美味しさです。それから我が家では、主人の好物、鶏のレバーを煮る時にも生姜と一緒に梅干の種を入れて煮込みます。

レバーの臭みと梅干の香りと酸味の相乗効果で、とても食べやすくなりますよ。我が家では仕上げに炒りごまをまぶすのですが、お好きな方は試してみてくださいね。

さまざまな料理に種まで大活躍の梅干しですが、なんといっても私のお気に入りは「梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)」。

梅醤番茶というのは、梅干を入れた湯呑みに番茶を注ぎ、生姜のしぼり汁と醤油を垂らしていただくというもの。昔から「梅醤番茶は医者いらず」というくらい風邪に効くとか、病気の予防にいいと言われている飲み方です。

暑い夏でも、この「梅醤番茶」を飲んでいると、なんだか体の中からぽかぽかしてくる感じがします。暑いとはいえ、エアコンの効いた電車やビルの中で意外に体は冷えているもの。また、立秋を過ぎたら体の中(内臓系)を温める食事に切り替えるといいと聞きます。民間慮法的なものですが、マクロビオティックの基本のお茶とも言われているだけあって、飲んでいるとじんわりと体の中から疲労回復して元気になってくるような気がします。……なんて思い込みのもと飲んでいるので、私の場合は効果倍増しているのかもしれません(笑)。

ちなみに我が家で使用しているのは、「三年番茶」と呼ばれるもの。マクロビオティックや自然食品を取り扱うお店で売っています。梅干と醤油の塩分があるので熱中症予防にもなるし、なにより風邪の予防・改善やストレス解消、疲労回復、夏バテ防止にも効くのだとか。

こまめにこの梅醤番茶を飲んでいたからかどうかはわかりませんが、今年の夏はあんなに暑く、超忙しかったにもかかわらず私はいたって元気に過ごせました。家族は梅醤番茶はたまに飲むくらいでしたが、おかずから汁物までいたるところに少しずつ梅干をしのばせて梅干しパワーの恩恵にあずかっていたからか夏バテもせず元気そのもの。

もちろん、梅干効果だけではないと思うのですが、台所を預かる主婦として一人悦に入るくらいは許されるかな?田辺市の梅干しはとかく高還元率ということで話題になりがちですが、その美味しさや梅干パワーも素晴らしい日本の伝統食なので、興味のある方はお試しくださいね。これからインフルエンザの流行る季節となりますが、受験生を抱える我が家の健康の守り神?として、さらに活躍してくれそうな田辺市の梅干しでした♪


■ 和歌山県田辺市(たなべし)のホームページ
■ 紀州田辺産 南高梅の白梅干し(7kg)
■ 内容量 … 4Lサイズ(1粒約30グラム)の南高梅 1樽(約7キロ・200粒程度)
全国の皆さまに、先ずは田辺市を知っていただきたいとの思いと、当市の主要産業である紀州南高梅の梅干し(白干し梅)をご賞味いただければとの思いから、本贈呈品をご用意しました。
長期保存できる昔ながらの塩辛い梅干し(塩分20%程度)です。もちろんそのままで食べられますが、必要な分だけを塩抜きしてお好みの具合に調整したり、また味付けしたり調理したりして食すことができます。
発送時に、簡単な調理レシピを一緒にお付けします。
■ 寄付金額 … 1万円~
■ 申し込み … 和歌山県田辺市(たなべし)のホームページより専用フォーム、もしくは申込書をダウンロード
■ 支払方法 … 納付書、口座振込、現金書留、持参


(*´∀`*) この記事が「面白かった」「役に立った」と思っていただけた方に、これからも応援&記事をシェアしていただけたらとっても嬉しいです。
梅干パワーもすごいですが、田辺市にふるさと納税をすると市長による語り部付きの熊野古道の旅などもあって、なかなか面白そうですよ。体験談、どこかのブログにないでしょうか。
こちらにはたくさんの「ふるさと納税」に関する記事がありますので、興味のある方は応援よろしくお願いします。

≫ふるさと納税ランキング ブログ村
≫ふるさと納税 人気ブログランキング



スポンサーサイト


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました