• ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 「にっこり梨」@栃木県鹿沼市 この時期ならではのお福分けにみんなでにっこり!巷で人気のマンガでブレイク中!
  • ホーム
  • »
  • »
  • 米・野菜・果物
  • »
  • 「にっこり梨」@栃木県鹿沼市 この時期ならではのお福分けにみんなでにっこり!巷で人気のマンガでブレイク中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


「にっこり梨」@栃木県鹿沼市 この時期ならではのお福分けにみんなでにっこり!巷で人気のマンガでブレイク中!


無題


すっかり寒くなってきましたね。季節が秋から冬へとうつろいゆくのを感じる今日この頃です。

先日の記事で、東根市で申込受付のはじまった来年に届く果物の紹介をさせていただきましたが、今が旬、かつ今からでも申し込める果物をみつけたので紹介したいと思います。

その名も「にっこり梨」。名前だけでも思わずにっこりしてしまう、この大きな梨はまさに今が旬。お正月まで保存がきくので年末年始用の購入やお歳暮などに使われるなど人気の品種です。

例年だとこの時期に出回る梨といえば「新高梨」というイメージだったのですが、なぜか今年お店でよく見かけるのは「にっこり梨」。気になったので調べてみたら、なんともにっこりな話題も出てきたのでご紹介しますね。

スポンサーサイト



にっこり梨は栃木県で生まれた梨。初めて店頭で見た時、新高(にいたか)梨と信じて疑わずに手に取った私は「にっこり梨」と書かれたシールを見て「???」。

だって見た目大きさを含めて新高梨そのものです。なのににっこり?

ちなみに新高梨は小さいものでもソフトボール大、大きいものになるとメロン大というとてつもなく大きな梨。我が家でも夏の果物がちょっぴり恋しくなるこの時期に、梨好きの長男のリクエストで何個か購入しています。

つい最近まで、新潟産の「天の川」という梨と高知県産の「今村秋」をかけあわせて生れた品種(よって「新高」梨)と言われていましたが、2010年の調査でかけあわせられていたのは「今村梨」ではなく、神奈川県産の「長十郎」だったということが判明しています。 (「新高梨の歴史」Web高知より)

そんなわけで本来なら「新高梨」ではなく「新神梨」となるところだと思うのですが、あまりにも「新高梨」として有名になってしまったことから、今も、そしてこれからも「新高梨」という名前のまま私たちの食卓に並ぶことでしょう。




と、ここまでが新高梨のお話ですが、私が手に取った梨は「にいたか」梨ではなく、「にっこり」梨でした。(ひらがなで書くと見た目だけでなく名前も似ていますね。)



これらの写真だと色合いが少しちがうかな?という感じに見えますが、実際に店頭で並んでいたら見分けられる自信はありません。それもそのはず、にっこり梨は「新高梨」と「豊水」をかけあわせて生れた梨とのこと。新高梨とは親子だったんですね。

にっこり梨は1984年に栃木県農業試験場で交配して生まれた種から育成し、1996年に「にっこり梨」として品種登録されています。品種登録まで12年というのが長いのか早い方なのかはわかりませんが、新しい品種が生まれるまでにはさまざまな実験(育成・栽培)が行われてきたんだろうなぁと思います。

さらに栃木県ならではの日照量の多さと肥沃な大地、そして澄んだ水のおかげで格別な味が生まれるのだとか。

大きくて甘い新高梨と、やわらかくて味の良い豊水を親に持つにっこり梨。そりゃもう美味しくないわけがありません!「にっこり」という名前は食べた人が「にっこり」するほど美味しいからかなぁと思っていましたが、なんと栃木県の名所「日光」と、梨の「」から「にっこり」梨と名付けられたそうです。

ちょっと意外な名前の由来でしたが、ネーミングって大事ですね。「にっこり梨」、口にするだけでなんだかいいことありそうな気がしてきます。にっこり。


さて、そんなにっこりつながりでご紹介したいのが、最近巷で静かな人気を読んでいる深谷かほる先生の「夜廻り猫」というマンガ。たまたま糸井重里さんのツイッターで知ったのですが、これがまた心に染み入るステキな作品でして。


※画像をクリックすると大きな画面で見ることができます。


この夜廻り猫こと、猫の遠藤平蔵が夜な夜な「泣く子はいねが~」と、涙の匂ひを嗅ぎつけてやって来るのですが、そこでのやりとりや登場人物たちがなんとも味わい深いドラマを繰りひろげていて、じんわりくること間違いなし!

1日1話ずつ深谷かほる先生のツイッターで新しいお話が公開されているのですが、心に残るじわじわくるストーリーに人気が急上昇し、まとめサイトも作られるほど。糸井重里さんや矢野彰子さん、清水ミチコさんなど著名人から私のようなふつうの人々まで、大勢の心をわしづかみにしながら、じわじわとファンを増やしています。

そしてこの夜廻り猫と切っても切り離せないのが「にっこり」という言葉。そこで「にっこり梨」の登場です。作品そのものには登場しませんが、深谷先生とフォロワーさん達の間で「にっこり梨」は幸せの象徴としてしばしば会話にも登場し、いい味を醸し出しています。興味のある方、にっこりほっこりしたい方は下記からどうぞ。癒されますよ~

深谷かほる先生のツイッターはこちら ※「夜廻り猫」は毎日更新中!
「夜廻り猫」をまとめて読みたい方はこちら


にっこり梨はまだ栃木県でしか栽培されていないそうなので、全国どこでも購入できるというわけではないそうです。今までは単に気付かなかっただけかもしれませんが、神奈川県では本当に今年はやたらとよく見かけるので、もしかしたら今は首都圏を中心に流通しているのかもしれませんね。

まだ全国的にはめずらしい梨なので、贈答用にも人気があるようです。

私も何個か買ってみましたが、ソフトボール大の小さ目のもので820g、大き目のまるでメロンのようなもので1.2kgありました。大きいけれどみずみずしくって、甘くて、香りも良くて、本当に美味しかったです。

さらににっこり梨の特筆すべき点は、とにかく保存期間が長いこと!!冷蔵庫に入れればなんと2~3月頃までもつそうですよ!!

常温でもかためのシャリシャリした食感を楽しむのもよし、追熟させて香り高い味を楽しむのもよし、晩成梨ならではの風味豊かな味わいを楽しめること間違いなし!

収穫時期が11月下旬となっているので申込締切まであとわずかだとは思いますが、今、申し込める貴重な果物として気になる方はお早目にどうぞ。

ちなみに先日、わが家で食べたにっこり梨はこんな感じでした。

P1120089.jpg
にっこり梨のシールが目印!


P1120090.jpg
今回のは今までで1番大きかったにっこり梨!(直径12cm、重さ1.2kg)


P1120091.jpg
切ってみました


P1120094.jpg
1切れでかなりのボリュームがあります



特に最後の写真のお皿に注目してください。ぬれているのが分かりますか?それ、水ではなくて果汁なのです。お皿にたれるほど、そう、切っていると果汁がポタポタたれてくるほどとーってもみずみずしくて美味しかったです。

その大きさに見てびっくり、食べてにっこりの「にっこり梨」のご紹介でした。にっこり。



栃木県鹿沼市役所はココ!
栃木県鹿沼市今宮町1688-1


■ 栃木県鹿沼市役所のホームページ
■ 「にっこり梨」5kg
■ 発送時期:10月~
■ その他
通常のなしよりも大きな梨「にっこり」。豊富な水分と甘さが特徴です。収穫は10月~11月。旬の時期にお届けいたします。冷暗所におけば長期保存も可能ですし、おいしい時期におすそ分けしても喜ばれます。
■ 寄付金額 … 1万円~ ■ 申込 … 鹿沼市ホームページより申込書をダウンロード
※平成27年12月1日から、民間のポータルサイトの申込みフォームを利用して直接申込みができるようになります。
■ 支払方法 … 納付書払い、口座振込、クレジットカード(Yahoo!公金支払い)など


(*´∀`*) この記事が「面白かった」「役に立った」と思っていただけた方に、これからも応援&記事をシェアしていただけたらとっても嬉しいです。
ちなみに最近の私の一日のしめくくりは「夜廻り猫」。じんわり心を温めて、「よし、明日も頑張ろう!」という気持ちにさせてくれるマンガです。
小さい頃からマンガ大好き少女だったため、今回は趣味の世界とリンクしながらの紹介記事となってしまいましたが、それは別にしてもにっこり梨は美味しいですよー!!

こちらにはたくさんの「ふるさと納税」に関する記事がランキング形式で掲載されています。
↓↓

≫ ふるさと納税 人気ブログランキング
≫ ふるさと納税人気ランキング ブログ村


興味のある方は、新着記事のチェック&応援よろしくお願いします。



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました


コメント (4)

Re: No title

> JACKさま

おお、にっこり梨の産地のことはJACKさんならお詳しいですね。
やはり新高梨には根強い人気があるようですね。

新しいブランドが定着するにはそれなりの時間がかかるということでしょうか。

安曇野の美味しい情報も私にとっては眼の毒です(笑)
ぷく URL 2015-12-17 05:45

No title

こんにちは~、JACKです。

この記事を読んですぐにコメントしたかったのに
バタバタとしていて今頃に…。スミマセン

毎年お正月に食べるのを楽しみにしている知り合いもいますが、地元栃木の店頭では新高をあまり見かけません。
生産者のところで直接買っちゃうからかな?
埼玉でも新高を作っているところは多いようです。

今朝もまた田子牛にノックアウトされてしまいました(笑)
JACK0904 URL 2015-12-02 09:24

Re: 読みが違う

>通りすがりさま

ああ!一カ所間違えてました!
早速訂正させていただきました。
ご指摘、本当にありがとうございます。

家族や友人からもしょっちゅう「肝心なところで抜けている」と言われている私ですので、これからもお気づきの点があれば、ぜひぜひご指導くださいね。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
ぷく URL 2015-11-29 00:05

読みが違う

新高梨は、
にいたかなし と読みます。
通りすがり URL 2015-11-28 22:07

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © ふるさと納税を楽しもう ~家族で楽しむふるさと納税体験記&情報ブログ~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。