先日、御嶽山と言えば木曽という子供の頃の想い出から長野県木曽町への寄附を申し込んだという記事を書きましたが(御嶽山の噴火で被災した自治体を「ふるさと納税」で支援したい)、実はその時に、子供から「王滝村(おうたきむら)には寄附しないの?」と言われ、はっとしました。

スポンサーサイト


私は、自分の子どもの頃の思い出が強すぎて、「ふるさと納税」を考えた時に、御嶽山=木曽というイメージしかなかったのですが、子どもたちはニュースで聞いた「王滝村」という地名をちゃんと覚えていたのですね。 以前、御嶽山の噴火を境に木曽町と王滝村のふるさと納税額が何倍かに増えたというニュースを何かで読んだ記憶がありましたが、調べてみると、王滝村の「水と緑のふるさと寄附金」に、寄付金額の一覧表が公表されていました。

噴火前
8月(件数5、寄附金283,000円)

9月(件数4、寄附金260,000円)

噴火後
10月(件数43、寄附金703,904円)

となっていました。
なんと件数で約10倍、金額で3倍近くも寄付金額が増えています。(ちなみに木曽町は金額が7~8倍アップ)

一部には、木曽町はお礼の品があるけれど、王滝村は特にお礼の品を用意しているわけではないので、木曽町ほどは金額が伸びていないという声もあるようです。

今年の御嶽山スキー場の12月オープンが見送られられただけでなく、第四回おんたけ湖ハーフマラソンが中止されたり、今更ですが、御嶽山周辺ではさまざまな打撃をうけていることに子供達と少なからずショックを受けました。

と同時に、王滝観光総合事務所の職員さんが綴っている「おうたき便り」というブログに綴られている王滝村の美しさに目を奪われました。御岳湖に映える冠雪した御滝山と紅葉した山々(今年の紅葉はここ数年で一番きれいとのこと)の写真は、ため息がでるような美しさです。

「ふるさと納税」というと、どうしてもお礼の特産品ばかりに目がいってしまいがちですが、「ふるさと納税」という仕組みを使って寄附金額が増えるのは、とってもステキなことだと思います。


dizpjDwZGc26GukNK5xO-8ac32eed.jpg PGThpEa6AJVzkeSEx4Yo-54e3b554.jpg


Qh8SOuLLx3JAL5PtW6yt_920_4096-96b4d5a6.jpg

3_2014112222200142e.png
画像はすべて王滝村のホームページよりお借りしました

御嶽山
美しき百名山、日本を代表する霊峰。
標高3,067mの御嶽山は、山頂に噴煙たなびくコニーデ型の活火山。木曽節にもうたわれ、古来信仰の山として富士山・立山・白山・大山とともに霊峰として知られます。
山の名著・深田久弥の「日本百名山」にも選ばれ、古くからの信仰登山のみならず、五峰五池の変化に富む眺望の良い独立峰として知られ、多くの登山客が山頂をめざす人気の山です。


いつか、家族でこの景色を見に行ってみたいなぁと心から思います。
たとえお礼の品は届かなくても、家族でささやかな思いを寄せるふるさとが増えるというのも、なんだかありがたいことですね。


(王滝村役場はココ!)


■ 長野県王滝村のホームページ
■ 申し込み方法 … 王滝村のホームページより電子申請サービス、又は電話・FAX・郵送
■ 寄附金額 … 5000円
   ※はじめは木曽町に1万円の寄附を考えていたのですが、子どもの発案で木曽町と王滝村に5000円ずつ納めさせていただくことにしました。

目下、我が家でも親子で「木曽節」を練習中。けっこう難しい。。。


スポンサーサイト



関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました