calendar-660670_640.jpg


「ふるさと納税」をしてみたいけれど、今からでも間に合うの?と思っていらっしゃる方も多いなので、私も忘備録として注意点をまとめておきますね。

基本的に「ふるさと納税」の申込みは1年中いつでもできますが、平成26年度の1月1日から12月31日まで行った寄附金は、平成27年の2月~3月に確定申告することで、平成27年度分の税金に反映する(減額されたり還付される)ことになります。

じゃあ、今年の12月31日までに寄附金を納めればいいのかというと、年末は注意が必要

スポンサーサイト


①年末は金融機関も休みになる

26年度の控除対象となるふるさと納税は、受領証明書に記載されている受領日が12月31日までとなっていることが必須条件なのですが、年末は銀行などの金融機関も休みとなり、今年の場合でいうと、12月30日の決済は送金予約扱いとなり、実際に自治体に入金されるのは年明けになってしまいます。

つまり、確定申告に必要な受領証明書の日付が平成27年1月の日付になってしまうので、12月30日以降のネットバンキング等の送金では間に合わず、平成27年の確定申告で使うことはできません。(平成28年の確定申告ならOK。)


「また難しい話?」


②自治体(役所)によって、締切期限が異なる

クレジット決済の場合は、基本的にインターネット上で決済を行った日が受領日となりますが、自治体によっては12月31日以前に受付を締め切ってしまうところがあるので要注意。

また、銀行振込や郵便振替(納付書によるゆうちょ銀行への振込)には、払込票(納付書)の発送に時間がかかってしまうことがあるので、その分も考慮しなければなりません。
(今年、私が申し込んだ自治体の中では、納付書が届くまで1週間以上かかったところもありました。)

また、金融機関の休みもあり、通常より手続きに時間がかかるため、申込みの受付を早めに締め切る自治体も多いようです。これから申込みをされる方は、必ず各自治体のホームページなどで確認することをおすすめします。

(「ふるさとチョイス」や「さとふる」などのサイトは、必ずしも最新の情報ではないので気になる場合は、必ず各自治体のホームページで確認を!

【追記】
自治体によっては、「年末年始のふるさと納税についての対応」といったお知らせが出ています。参考のため、実際にホームページに出ていたものを記載しておきますね。

(A市の場合)
ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)の手続きは、平成26年12月27日(土)から平成27年1月4日(日)の期間はお休みとなります。
12月26日(金)の市役所業務終了後から、この期間にお申し込みいただいた場合、事務手続きは平成27年1月5日(月)以降となります。
なお、平成26年の寄附金として、受領証明書を発行するには、12月26日(金)までに金融機関からA市役所へ入金通知が届く必要があります。納付書で納付いただいた場合は、金融機関から入金通知がA市役所へ届くのに1週間程度かかることがあり、入金通知が1月以降になりますと、受領証明書の日付が、平成27年1月以降となりますので、ご注意ください。


(B市の場合)
クレジットカード、コンビニエンスストア、Pay-easy(インターネットバンキング)でのご寄附の場合は12月31日までお手続・ご入金いただけます。

納付書によるご寄附をご希望の場合、年内お申込み期限の12月12日(金)以降も、お申込みは受付させて頂いておりますが、納付書のお届けまでに2週間程度お時間を頂戴することがございます。
可能な限り早くお届けできるよう対応させていただいておりますが、お客様のお手元に納付書をお届けした時点で、金融機関が年内の営業を終了しており、お振込みいただけない場合がございますので予めご了承願います。


(C市の場合)
「指定金融機関でのお振込み」または「ゆうちょ銀行でのお振込み」によりご寄附いただく場合の平成26年の寄附金受付については、平成26年12月22日(月)中までの申出分を受付けさせていただきます。
市から振込用紙を送付いたしますので、平成26年中にお振込みをお願いします。なお、12月23日(火・祝)~31日(水)の期間にいただいたお申出は、平成27年に受付させていただきます。

 「クレジットカード決済(Yahoo!公金支払い)」によりご寄附いただく場合の平成26年の寄附金受付については、平成26年12月22日(月)中までの申出分を受付けさせていただきます。
市からメールで、「1.支払番号」と「2.確認番号」を通知いたしますので、平成26年中に決済手続きを完了していただけますようお願いします。なお、12月23日(火・祝)~31日(水)の期間にいただいたお申出は、平成27年に受付させていただきます。

 「現金書留によるご送金」される場合は12月26日(金)12:00着分まで、「窓口にご持参」される場合は、12月26日(金)12:00来庁分まで受付けさせていただきます。


(D市の場合)
1.納付書払(ゆうちょ銀行)で寄附される場合

平成26年12月25日(木)申込受付分迄を平成26年分として取り扱います。なお、平成26年分として寄附受納証明書を発行するには、金融機関における平成26年の最終営業日までに払い込みをいただく必要があります(領収日は金融機関での払込日となります)。 なお、払込取扱票は市役所閉庁期間(平成26年12月26日(金)の業務終了後から平成27年1月4日(日)まで)に送付することはできませんのでご留意ください。 2.ヤフー・公金支払いによるクレジットカード決済で寄附される場合 平成26年12月31日(水)までにクレジットカードで決済いただいた分を平成26年分として受け付けいたします。お申込みを平成26年12月31日(水)までにお済の場合でも、決済日時が平成27年1月1日(木)以降となります場合は、平成26年分としての寄附受納証明書を発行することが出来ません。なお、寄附受納証明書に記載する領収日は、クレジットカードでの処理日(カード利用日)となりますので、寄付者様のカード引き落とし日とは扱いが異なりますのでご留意ください。 3.D市の銀行口座への振込みで寄附される場合 平成26年12月26日(金)13時00分申込受付分までを平成26年分として取り扱います。平成26年分として寄附受納証明書を発行するには、金融機関における平成26年の最終営業日までに払い込みをいただく必要があります(領収日は金融機関での払込日となります)。

4.現金書留で寄附される場合
平成26年12月31日(水)の消印までを平成26年分として受け付けいたします。



……中には、11月30日で納付書による申し込みの受付を締め切ってしまっている自治体もありました。今年はじめてふるさと納税によるお礼の特産品を用意した自治体もあり、さまざまな手続きがはじめてだという自治体や、12月の駆け込み納税で予想以上の混雑に大変な思いをしている自治体など、さまざまな事情があるようです。

(また、ごく稀にですが、自治体が発送したはずの納付書が届かなかったり、申し込みに記入した住所や連絡先が間違っていて連絡不可能なこともあるようです。トラブルやミスも心の片隅に想定しておきましょう。)

ただ、クレジットカードで決済する場合は、Yahoo!公金支払いも含めて、12月31日までに決済の手続きが完了したものは今年度分として受け付ける自治体が多いようなので、不安がある場合は、クレジットで決済できる、なおかつはっきり「12月31日まで受け付けます」と明記している自治体を選ぶようにすれば安心ですね。

早目に申し込みの手続きを終えておくのが一番ですが、年末調整が出てから控除額の上限ぎりぎりになるよう追加で申し込む方、最近「ふるさと納税」のメリットを知り、これから申込んでみようという方など、いろいろといらっしゃることと思います。

我が家も、一通りの手続きは済ませましたが、年末調整で今年度の金額が確定したら、場合によってはもう少し追加で申し込むかもしれないので、いろいろと調べてはあれもいいしこれもいいなといまだに毎日ワクワクしています。……とらぬ狸の皮算用になるかもしれませんが、そうなったら来年に申し込めばいいだけのこと♪

特産品をみているだけでも楽しいですよ~


「ZZZ・・・」



(*´∀`*) この記事が「面白かった」「役に立った」と思っていただけた方に、ポチッと応援&この記事をシェアしていただけたらとっても嬉しいです。
↓↓下記のサイトで、ふるさと納税に関する熱いブログの新着情報やランキングが確認できちゃいます。

≫ ふるさと納税 人気ブログランキング
≫ ふるさと納税人気ランキング ブログ村


スポンサーサイト



関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています

人気【数量限定】「宍粟牛ロース(450g)+地酒セット」&「宍粟牛スライス詰め合わせ(800g)+地酒セット」などなど@兵庫県宍粟市の魅力を大紹介!宍粟牛に込められた熱い思いとは?
人気 「“ありがとう“の感謝のこもった特産品」@北海道福島町が本当にありがたかった!
人気 「ワイン豚挽き肉セット(1.5kg)(3kg)」@山梨県甲州市 5千円の寄附で1.5kg、1万円なら3kg分の挽き肉は最強?

最後までお読みいただきありがとうございました